オプジーボVSキイトルーダ、肺がん治療で火花 小野薬連合、米メルク追う

 小野薬品工業などは17日、がん免疫薬「オプジーボ」と「ヤーボイ」を併用した肺がん治療の臨床試験(治験)で、既存の抗がん剤治療と比べて死亡リスクを大きく抑えられる結果が出たと発表した。一方、米メルクも
今注目されている銘柄

オプジーボVSキイトルーダ、肺がん治療で火花 小野薬連合、米メルク追う のTwitterの反応まとめ

《記事紹介》
肺がん一次治療で「オプジーボ」と「キイトルーダ」のつばぜり合いが激しさを増していると感じるかい?
オプジーボVSキイトルーダ、肺がん治療で火花 小野薬連合、米メルク追う:日本経済新聞
オプジーボVSキイトルーダ、肺がん治療で火花 小野薬連合、米メルク追う:日本経済新聞
日経さんそれは違うな。後乗りはメルクだ。抗pdー1抗体は日本の本庶先生と小野薬の世界初免疫チェックポイント医療のブロックバスター。
オールジャパンで負けることは許されない。

オプジーボVSキイトルーダ、肺がん治療で火花 小野薬連合、米メルク追う:日本経済新聞
オプジーボVSキイトルーダ、肺がん治療で火花 小野薬連合、米メルク追う:日本経済新聞 2兆円とも4兆円とも言われる免疫治療薬の市場では今後も激しい戦いが繰り広げられそうだ。
オプジーボVSキイトルーダ、肺がん治療で火花 小野薬連合、米メルク追う:日本経済新聞
関連する記事
今話題のニュース
Twitter プロフィール
おすすめサイト