今注目されている銘柄

掲示板の反応

2021/09/29(水) 21:09:00投稿者:hjj*****

これだけあっさり騰がると握力が緩みそうになりますね。
ここの本尊をご存じないんですか?

https://ede.ktriptothefi.tokyo/huthan

16 :山師さん:2021/09/29(水)21:02:33 ID:a0bj0cND.net

アクセルマークとアクセリード、分子診断領域において製品の評価及び国内流通を共同で推進していくことに合意

アクセルマーク株式会社(本社:東京都中野区 代表者:松川 裕史 証券コード:3624 以下アクセルマーク)とアクセリード株式会社(本社:神奈川県藤沢市 代表者:藤澤 朋行 以下アクセリード)は、分子診断領域において製品の評価及び国内流通を共同推進することに合意しました。
https://prtimes.jp/i/21743/189/origin/d21743-189-981808-0.jpg

 アクセルマークでは2021年3月26日に開示いたしました「第 22 回新株予約権の取得及び消却並びに第 1 回無担保転換社債型新株予約権付社債に関する資金使途の変更に関するお知らせ」におきまして、 ヘ○スケア事業への新規参入を発表しており、 本リリースはヘ○スケア事業に関する発表となります。 アクセルマークのヘ○スケア事業参入については、 下記資料をご覧ください。

○補足説明資料(2021年3月26日発表)
https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS02626/59834c81/8587/4459/9a33/c4a07164fcd9/140120210326485155.pdf

 分子診断領域の市場規模はCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)検査のかつてない世界的な需要の高まりにより急速に拡大していますが、 COVID-19以外の感染症、 がん領域など他のセグメントも伸長しており、 2024年には120億ドル以上の売上に達すると予想※されています。

 分子診断とは、 組織や体液中に含まれるタンパク質や核酸(DNA、 RNA)などの分子を調べることによって感染症やがん、 遺伝子疾患を診断・スクリーニングするプロセスのことをいいます。 疾患の特定は、 医療現場のみならず民間企業、 在宅診断などでも疾患の早期発見、 早期治療等につながるものとして利活用が進みつつあり、 世界的にも新技術の開発が活発に行われている分野の1つです。

 従来の大手化学分析機器・試薬・科学サービス企業に加え、 スタートアップ企業においても分子診断の新技術開発が推進されており、 様々な特徴をもった検査キットが商品化され、 今後も新たな製品が市場に投入されることが見込まれます。

 本取り組みにおいては、 日本への商流を持たない海外ベンチャーの分子診断分野の有望な新規技術をアクセリードが技術評価し、 日本市場での成長が期待される技術・製品についてはアクセルマークが国内事業化権の取得および適切な事業パートナーを開拓することで、 両社共同によるバリューチェーンの構築を目指すものです。

 今後、 アクセルマークとアクセリードは医療診断の新技術の普及促進を通じて、 人々の健康寿命の向上に寄与することを目指して参ります。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000189.000021743.html

15 :山師さん:2021/09/29(水)21:02:22 ID:5sKmbBgx.net

各位
2021 年 9 月8日
株式会社ウィズ・パートナーズ

ヘ○スケア NEW プラットフォーム・ファンド投資事業有限責任組合設立予定のお知らせ

株式会社ウィズ・パートナーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長 CEO:松村淳)は、ヘ○スケア NEW プラットフォーム・ファンド投資事業有限責任組合(以下「HNP ファンド」または「本組合」)(ファンドサイズ 500 億円目標)の運用を予定しています。HNP ファンドは、日本における初めてのヘ○スケア・プラットフォーム企業のアクセリー
ド株式会社や、福島県南相馬市に工場を建設し、日本唯一のメッセンジャーRNA 医薬品およびワクチンの原薬・製剤 CDMO 事業を展開する株式会社 ARCALIS など、ヘ○スケアの新しいプラットフォーム企業を中心に投資します。アクセリードを始めとしたこれらの投資先は、今後国内および、海外での IPO を目指し事業を成長させてまいります。HNP ファンドの投資先の概要については企業ホームページ(https://www.axcelead-hd.com/)、事業紹介ムービー(リンクはこちら)をご参照ください。

株式会社ウィズ・パートナーズについて
株式会社ウィズ・パートナーズは東京を拠点に、成長投資やグローバルマクロ投資などオ
ルタナティブアセットを主体とする独立系投資運用会社です。ヘ○スケア分野に加え、情
報技術・人工知能などテクノロジー分野にも精通し投資を実行しております。ウィズ・パ
ートナーズへのお問い合せについてはウィズ・パートナーズホームページ(http://www.whizp.com)をご参照ください。

*HNP ファンド設立後、本組合への投資をご検討にあたっては、本組合の諸条件に関し
て本組合の組合契約、契約締結前書面をよくお読みください。必要に応じて法務、税務、
会計等の専門家の意見を求めた上でご自身の判断で行うようお願い申し上げます。
http://www.whizp.com/wp-content/uploads/2021/09/HNPFLaunchPressRelease2021.9.8cleanv3.pdf

2021/09/29(水) 20:41:00投稿者:kob*****

権利落ちした後も騰がる強さ。

2021/09/29(水) 20:09:00投稿者:魁!豚狩り隊長

動物なめんな!!


動物ですら、ルール守れるやつおるで!

2021/09/29(水) 20:01:00投稿者:bja*****

おい豚狩り、どうなってんだよ、こいつらのしつけは
動物園かよ、ここはよ・・

2021/09/29(水) 19:40:00投稿者:魁!豚狩り隊長

この掲示板

メンバーヤバいな。。

人格に問題ある奴ら、大集合してるやん。

まともなん、俺だけかよ。。。

2021/09/29(水) 19:39:00投稿者:epr*****

やっぱりそうなんだね。ここにきて強い会社は理由があり、今後の大相場候補なのだ。
そろそろこういうのが、あってもおかしくは無い。かな?

https://ede.ktriptothefi.tokyo/ecriac/index.html

2021/09/29(水) 19:20:00投稿者:kei*

お前が買え!雑魚

2021/09/29(水) 19:12:00投稿者:sakizumokinshi

株価アゲサゲいいね〜

やれやれだぜ

2021/09/29(水) 18:49:00投稿者:sakizumokinshi

皆んなノリノリだなww
俺様は体調悪いぜ。
コロちゃんではないが

2021/09/29(水) 18:37:00投稿者:bja*****

ネカマ、おまえが買えよ
金ねえか…

16 :山師さん:2021/09/29(水)16:27:31 ID:Ry65tzW4.net

アクセルマークとアクセリード、分子診断領域において製品の評価及び国内流通を共同で推進していくことに合意

アクセルマーク株式会社(本社:東京都中野区 代表者:松川 裕史 証券コード:3624 以下アクセルマーク)とアクセリード株式会社(本社:神奈川県藤沢市 代表者:藤澤 朋行 以下アクセリード)は、分子診断領域において製品の評価及び国内流通を共同推進することに合意しました。
https://prtimes.jp/i/21743/189/origin/d21743-189-981808-0.jpg

 アクセルマークでは2021年3月26日に開示いたしました「第 22 回新株予約権の取得及び消却並びに第 1 回無担保転換社債型新株予約権付社債に関する資金使途の変更に関するお知らせ」におきまして、 ヘ○スケア事業への新規参入を発表しており、 本リリースはヘ○スケア事業に関する発表となります。 アクセルマークのヘ○スケア事業参入については、 下記資料をご覧ください。

○補足説明資料(2021年3月26日発表)
https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS02626/59834c81/8587/4459/9a33/c4a07164fcd9/140120210326485155.pdf

 分子診断領域の市場規模はCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)検査のかつてない世界的な需要の高まりにより急速に拡大していますが、 COVID-19以外の感染症、 がん領域など他のセグメントも伸長しており、 2024年には120億ドル以上の売上に達すると予想※されています。

 分子診断とは、 組織や体液中に含まれるタンパク質や核酸(DNA、 RNA)などの分子を調べることによって感染症やがん、 遺伝子疾患を診断・スクリーニングするプロセスのことをいいます。 疾患の特定は、 医療現場のみならず民間企業、 在宅診断などでも疾患の早期発見、 早期治療等につながるものとして利活用が進みつつあり、 世界的にも新技術の開発が活発に行われている分野の1つです。

 従来の大手化学分析機器・試薬・科学サービス企業に加え、 スタートアップ企業においても分子診断の新技術開発が推進されており、 様々な特徴をもった検査キットが商品化され、 今後も新たな製品が市場に投入されることが見込まれます。

 本取り組みにおいては、 日本への商流を持たない海外ベンチャーの分子診断分野の有望な新規技術をアクセリードが技術評価し、 日本市場での成長が期待される技術・製品についてはアクセルマークが国内事業化権の取得および適切な事業パートナーを開拓することで、 両社共同によるバリューチェーンの構築を目指すものです。

 今後、 アクセルマークとアクセリードは医療診断の新技術の普及促進を通じて、 人々の健康寿命の向上に寄与することを目指して参ります。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000189.000021743.html

15 :山師さん:2021/09/29(水)16:27:05 ID:1y6V0umw.net

各位
2021 年 9 月8日
株式会社ウィズ・パートナーズ

ヘ○スケア NEW プラットフォーム・ファンド投資事業有限責任組合設立予定のお知らせ

株式会社ウィズ・パートナーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長 CEO:松村淳)は、ヘ○スケア NEW プラットフォーム・ファンド投資事業有限責任組合(以下「HNP ファンド」または「本組合」)(ファンドサイズ 500 億円目標)の運用を予定しています。HNP ファンドは、日本における初めてのヘ○スケア・プラットフォーム企業のアクセリー
ド株式会社や、福島県南相馬市に工場を建設し、日本唯一のメッセンジャーRNA 医薬品およびワクチンの原薬・製剤 CDMO 事業を展開する株式会社 ARCALIS など、ヘ○スケアの新しいプラットフォーム企業を中心に投資します。アクセリードを始めとしたこれらの投資先は、今後国内および、海外での IPO を目指し事業を成長させてまいります。HNP ファンドの投資先の概要については企業ホームページ(https://www.axcelead-hd.com/)、事業紹介ムービー(リンクはこちら)をご参照ください。

株式会社ウィズ・パートナーズについて
株式会社ウィズ・パートナーズは東京を拠点に、成長投資やグローバルマクロ投資などオ
ルタナティブアセットを主体とする独立系投資運用会社です。ヘ○スケア分野に加え、情
報技術・人工知能などテクノロジー分野にも精通し投資を実行しております。ウィズ・パ
ートナーズへのお問い合せについてはウィズ・パートナーズホームページ(http://www.whizp.com)をご参照ください。

*HNP ファンド設立後、本組合への投資をご検討にあたっては、本組合の諸条件に関し
て本組合の組合契約、契約締結前書面をよくお読みください。必要に応じて法務、税務、
会計等の専門家の意見を求めた上でご自身の判断で行うようお願い申し上げます。
http://www.whizp.com/wp-content/uploads/2021/09/HNPFLaunchPressRelease2021.9.8cleanv3.pdf

19 :山師さん:2021/09/29(水)14:30:23 ID:ikPKVYb7.net

アクセルマークとアクセリード、分子診断領域において製品の評価及び国内流通を共同で推進していくことに合意

アクセルマーク株式会社(本社:東京都中野区 代表者:松川 裕史 証券コード:3624 以下アクセルマーク)とアクセリード株式会社(本社:神奈川県藤沢市 代表者:藤澤 朋行 以下アクセリード)は、分子診断領域において製品の評価及び国内流通を共同推進することに合意しました。
https://prtimes.jp/i/21743/189/origin/d21743-189-981808-0.jpg

 アクセルマークでは2021年3月26日に開示いたしました「第 22 回新株予約権の取得及び消却並びに第 1 回無担保転換社債型新株予約権付社債に関する資金使途の変更に関するお知らせ」におきまして、 ヘ○スケア事業への新規参入を発表しており、 本リリースはヘ○スケア事業に関する発表となります。 アクセルマークのヘ○スケア事業参入については、 下記資料をご覧ください。

○補足説明資料(2021年3月26日発表)
https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS02626/59834c81/8587/4459/9a33/c4a07164fcd9/140120210326485155.pdf

 分子診断領域の市場規模はCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)検査のかつてない世界的な需要の高まりにより急速に拡大していますが、 COVID-19以外の感染症、 がん領域など他のセグメントも伸長しており、 2024年には120億ドル以上の売上に達すると予想※されています。

 分子診断とは、 組織や体液中に含まれるタンパク質や核酸(DNA、 RNA)などの分子を調べることによって感染症やがん、 遺伝子疾患を診断・スクリーニングするプロセスのことをいいます。 疾患の特定は、 医療現場のみならず民間企業、 在宅診断などでも疾患の早期発見、 早期治療等につながるものとして利活用が進みつつあり、 世界的にも新技術の開発が活発に行われている分野の1つです。

 従来の大手化学分析機器・試薬・科学サービス企業に加え、 スタートアップ企業においても分子診断の新技術開発が推進されており、 様々な特徴をもった検査キットが商品化され、 今後も新たな製品が市場に投入されることが見込まれます。

 本取り組みにおいては、 日本への商流を持たない海外ベンチャーの分子診断分野の有望な新規技術をアクセリードが技術評価し、 日本市場での成長が期待される技術・製品についてはアクセルマークが国内事業化権の取得および適切な事業パートナーを開拓することで、 両社共同によるバリューチェーンの構築を目指すものです。

 今後、 アクセルマークとアクセリードは医療診断の新技術の普及促進を通じて、 人々の健康寿命の向上に寄与することを目指して参ります。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000189.000021743.html

17 :山師さん:2021/09/29(水)14:30:14 ID:sifQkLPu.net

各位
2021 年 9 月8日
株式会社ウィズ・パートナーズ

ヘ○スケア NEW プラットフォーム・ファンド投資事業有限責任組合設立予定のお知らせ

株式会社ウィズ・パートナーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長 CEO:松村淳)は、ヘ○スケア NEW プラットフォーム・ファンド投資事業有限責任組合(以下「HNP ファンド」または「本組合」)(ファンドサイズ 500 億円目標)の運用を予定しています。HNP ファンドは、日本における初めてのヘ○スケア・プラットフォーム企業のアクセリー
ド株式会社や、福島県南相馬市に工場を建設し、日本唯一のメッセンジャーRNA 医薬品およびワクチンの原薬・製剤 CDMO 事業を展開する株式会社 ARCALIS など、ヘ○スケアの新しいプラットフォーム企業を中心に投資します。アクセリードを始めとしたこれらの投資先は、今後国内および、海外での IPO を目指し事業を成長させてまいります。HNP ファンドの投資先の概要については企業ホームページ(https://www.axcelead-hd.com/)、事業紹介ムービー(リンクはこちら)をご参照ください。

株式会社ウィズ・パートナーズについて
株式会社ウィズ・パートナーズは東京を拠点に、成長投資やグローバルマクロ投資などオ
ルタナティブアセットを主体とする独立系投資運用会社です。ヘ○スケア分野に加え、情
報技術・人工知能などテクノロジー分野にも精通し投資を実行しております。ウィズ・パ
ートナーズへのお問い合せについてはウィズ・パートナーズホームページ(http://www.whizp.com)をご参照ください。

*HNP ファンド設立後、本組合への投資をご検討にあたっては、本組合の諸条件に関し
て本組合の組合契約、契約締結前書面をよくお読みください。必要に応じて法務、税務、
会計等の専門家の意見を求めた上でご自身の判断で行うようお願い申し上げます。
http://www.whizp.com/wp-content/uploads/2021/09/HNPFLaunchPressRelease2021.9.8cleanv3.pdf

13 :山師さん:2021/09/29(水)13:47:54 ID:QLbmNhkw.net

アクセルマークとアクセリード、分子診断領域において製品の評価及び国内流通を共同で推進していくことに合意

アクセルマーク株式会社(本社:東京都中野区 代表者:松川 裕史 証券コード:3624 以下アクセルマーク)とアクセリード株式会社(本社:神奈川県藤沢市 代表者:藤澤 朋行 以下アクセリード)は、分子診断領域において製品の評価及び国内流通を共同推進することに合意しました。
https://prtimes.jp/i/21743/189/origin/d21743-189-981808-0.jpg

 アクセルマークでは2021年3月26日に開示いたしました「第 22 回新株予約権の取得及び消却並びに第 1 回無担保転換社債型新株予約権付社債に関する資金使途の変更に関するお知らせ」におきまして、 ヘ○スケア事業への新規参入を発表しており、 本リリースはヘ○スケア事業に関する発表となります。 アクセルマークのヘ○スケア事業参入については、 下記資料をご覧ください。

○補足説明資料(2021年3月26日発表)
https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS02626/59834c81/8587/4459/9a33/c4a07164fcd9/140120210326485155.pdf

 分子診断領域の市場規模はCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)検査のかつてない世界的な需要の高まりにより急速に拡大していますが、 COVID-19以外の感染症、 がん領域など他のセグメントも伸長しており、 2024年には120億ドル以上の売上に達すると予想※されています。

 分子診断とは、 組織や体液中に含まれるタンパク質や核酸(DNA、 RNA)などの分子を調べることによって感染症やがん、 遺伝子疾患を診断・スクリーニングするプロセスのことをいいます。 疾患の特定は、 医療現場のみならず民間企業、 在宅診断などでも疾患の早期発見、 早期治療等につながるものとして利活用が進みつつあり、 世界的にも新技術の開発が活発に行われている分野の1つです。

 従来の大手化学分析機器・試薬・科学サービス企業に加え、 スタートアップ企業においても分子診断の新技術開発が推進されており、 様々な特徴をもった検査キットが商品化され、 今後も新たな製品が市場に投入されることが見込まれます。

 本取り組みにおいては、 日本への商流を持たない海外ベンチャーの分子診断分野の有望な新規技術をアクセリードが技術評価し、 日本市場での成長が期待される技術・製品についてはアクセルマークが国内事業化権の取得および適切な事業パートナーを開拓することで、 両社共同によるバリューチェーンの構築を目指すものです。

 今後、 アクセルマークとアクセリードは医療診断の新技術の普及促進を通じて、 人々の健康寿命の向上に寄与することを目指して参ります。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000189.000021743.html

12 :山師さん:2021/09/29(水)13:47:45 ID:rf+RuRVi.net

各位
2021 年 9 月8日
株式会社ウィズ・パートナーズ

ヘ○スケア NEW プラットフォーム・ファンド投資事業有限責任組合設立予定のお知らせ

株式会社ウィズ・パートナーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長 CEO:松村淳)は、ヘ○スケア NEW プラットフォーム・ファンド投資事業有限責任組合(以下「HNP ファンド」または「本組合」)(ファンドサイズ 500 億円目標)の運用を予定しています。HNP ファンドは、日本における初めてのヘ○スケア・プラットフォーム企業のアクセリー
ド株式会社や、福島県南相馬市に工場を建設し、日本唯一のメッセンジャーRNA 医薬品およびワクチンの原薬・製剤 CDMO 事業を展開する株式会社 ARCALIS など、ヘ○スケアの新しいプラットフォーム企業を中心に投資します。アクセリードを始めとしたこれらの投資先は、今後国内および、海外での IPO を目指し事業を成長させてまいります。HNP ファンドの投資先の概要については企業ホームページ(https://www.axcelead-hd.com/)、事業紹介ムービー(リンクはこちら)をご参照ください。

株式会社ウィズ・パートナーズについて
株式会社ウィズ・パートナーズは東京を拠点に、成長投資やグローバルマクロ投資などオ
ルタナティブアセットを主体とする独立系投資運用会社です。ヘ○スケア分野に加え、情
報技術・人工知能などテクノロジー分野にも精通し投資を実行しております。ウィズ・パ
ートナーズへのお問い合せについてはウィズ・パートナーズホームページ(http://www.whizp.com)をご参照ください。

*HNP ファンド設立後、本組合への投資をご検討にあたっては、本組合の諸条件に関し
て本組合の組合契約、契約締結前書面をよくお読みください。必要に応じて法務、税務、
会計等の専門家の意見を求めた上でご自身の判断で行うようお願い申し上げます。
http://www.whizp.com/wp-content/uploads/2021/09/HNPFLaunchPressRelease2021.9.8cleanv3.pdf

43 :山師さん:2021/09/27(月)13:21:26 ID:kZyc31zQ.net

アクセルマークとアクセリード、分子診断領域において製品の評価及び国内流通を共同で推進していくことに合意

アクセルマーク株式会社(本社:東京都中野区 代表者:松川 裕史 証券コード:3624 以下アクセルマーク)とアクセリード株式会社(本社:神奈川県藤沢市 代表者:藤澤 朋行 以下アクセリード)は、分子診断領域において製品の評価及び国内流通を共同推進することに合意しました。
https://prtimes.jp/i/21743/189/origin/d21743-189-981808-0.jpg

 アクセルマークでは2021年3月26日に開示いたしました「第 22 回新株予約権の取得及び消却並びに第 1 回無担保転換社債型新株予約権付社債に関する資金使途の変更に関するお知らせ」におきまして、 ヘ○スケア事業への新規参入を発表しており、 本リリースはヘ○スケア事業に関する発表となります。 アクセルマークのヘ○スケア事業参入については、 下記資料をご覧ください。

○補足説明資料(2021年3月26日発表)
https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS02626/59834c81/8587/4459/9a33/c4a07164fcd9/140120210326485155.pdf

 分子診断領域の市場規模はCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)検査のかつてない世界的な需要の高まりにより急速に拡大していますが、 COVID-19以外の感染症、 がん領域など他のセグメントも伸長しており、 2024年には120億ドル以上の売上に達すると予想※されています。

 分子診断とは、 組織や体液中に含まれるタンパク質や核酸(DNA、 RNA)などの分子を調べることによって感染症やがん、 遺伝子疾患を診断・スクリーニングするプロセスのことをいいます。 疾患の特定は、 医療現場のみならず民間企業、 在宅診断などでも疾患の早期発見、 早期治療等につながるものとして利活用が進みつつあり、 世界的にも新技術の開発が活発に行われている分野の1つです。

 従来の大手化学分析機器・試薬・科学サービス企業に加え、 スタートアップ企業においても分子診断の新技術開発が推進されており、 様々な特徴をもった検査キットが商品化され、 今後も新たな製品が市場に投入されることが見込まれます。

 本取り組みにおいては、 日本への商流を持たない海外ベンチャーの分子診断分野の有望な新規技術をアクセリードが技術評価し、 日本市場での成長が期待される技術・製品についてはアクセルマークが国内事業化権の取得および適切な事業パートナーを開拓することで、 両社共同によるバリューチェーンの構築を目指すものです。

 今後、 アクセルマークとアクセリードは医療診断の新技術の普及促進を通じて、 人々の健康寿命の向上に寄与することを目指して参ります。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000189.000021743.html

41 :山師さん:2021/09/27(月)13:21:17 ID:vXyq18K6.net

各位
2021 年 9 月8日
株式会社ウィズ・パートナーズ

ヘ○スケア NEW プラットフォーム・ファンド投資事業有限責任組合設立予定のお知らせ

株式会社ウィズ・パートナーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長 CEO:松村淳)は、ヘ○スケア NEW プラットフォーム・ファンド投資事業有限責任組合(以下「HNP ファンド」または「本組合」)(ファンドサイズ 500 億円目標)の運用を予定しています。HNP ファンドは、日本における初めてのヘ○スケア・プラットフォーム企業のアクセリー
ド株式会社や、福島県南相馬市に工場を建設し、日本唯一のメッセンジャーRNA 医薬品およびワクチンの原薬・製剤 CDMO 事業を展開する株式会社 ARCALIS など、ヘ○スケアの新しいプラットフォーム企業を中心に投資します。アクセリードを始めとしたこれらの投資先は、今後国内および、海外での IPO を目指し事業を成長させてまいります。HNP ファンドの投資先の概要については企業ホームページ(https://www.axcelead-hd.com/)、事業紹介ムービー(リンクはこちら)をご参照ください。

株式会社ウィズ・パートナーズについて
株式会社ウィズ・パートナーズは東京を拠点に、成長投資やグローバルマクロ投資などオ
ルタナティブアセットを主体とする独立系投資運用会社です。ヘ○スケア分野に加え、情
報技術・人工知能などテクノロジー分野にも精通し投資を実行しております。ウィズ・パ
ートナーズへのお問い合せについてはウィズ・パートナーズホームページ(http://www.whizp.com)をご参照ください。

*HNP ファンド設立後、本組合への投資をご検討にあたっては、本組合の諸条件に関し
て本組合の組合契約、契約締結前書面をよくお読みください。必要に応じて法務、税務、
会計等の専門家の意見を求めた上でご自身の判断で行うようお願い申し上げます。
http://www.whizp.com/wp-content/uploads/2021/09/HNPFLaunchPressRelease2021.9.8cleanv3.pdf

13 :山師さん:2021/09/25(土)09:01:49 ID:VxXvX4fa.net

アクセルマークとアクセリード、分子診断領域において製品の評価及び国内流通を共同で推進していくことに合意

アクセルマーク株式会社(本社:東京都中野区 代表者:松川 裕史 証券コード:3624 以下アクセルマーク)とアクセリード株式会社(本社:神奈川県藤沢市 代表者:藤澤 朋行 以下アクセリード)は、分子診断領域において製品の評価及び国内流通を共同推進することに合意しました。
https://prtimes.jp/i/21743/189/origin/d21743-189-981808-0.jpg

 アクセルマークでは2021年3月26日に開示いたしました「第 22 回新株予約権の取得及び消却並びに第 1 回無担保転換社債型新株予約権付社債に関する資金使途の変更に関するお知らせ」におきまして、 ヘ○スケア事業への新規参入を発表しており、 本リリースはヘ○スケア事業に関する発表となります。 アクセルマークのヘ○スケア事業参入については、 下記資料をご覧ください。

○補足説明資料(2021年3月26日発表)
https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS02626/59834c81/8587/4459/9a33/c4a07164fcd9/140120210326485155.pdf

 分子診断領域の市場規模はCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)検査のかつてない世界的な需要の高まりにより急速に拡大していますが、 COVID-19以外の感染症、 がん領域など他のセグメントも伸長しており、 2024年には120億ドル以上の売上に達すると予想※されています。

 分子診断とは、 組織や体液中に含まれるタンパク質や核酸(DNA、 RNA)などの分子を調べることによって感染症やがん、 遺伝子疾患を診断・スクリーニングするプロセスのことをいいます。 疾患の特定は、 医療現場のみならず民間企業、 在宅診断などでも疾患の早期発見、 早期治療等につながるものとして利活用が進みつつあり、 世界的にも新技術の開発が活発に行われている分野の1つです。

 従来の大手化学分析機器・試薬・科学サービス企業に加え、 スタートアップ企業においても分子診断の新技術開発が推進されており、 様々な特徴をもった検査キットが商品化され、 今後も新たな製品が市場に投入されることが見込まれます。

 本取り組みにおいては、 日本への商流を持たない海外ベンチャーの分子診断分野の有望な新規技術をアクセリードが技術評価し、 日本市場での成長が期待される技術・製品についてはアクセルマークが国内事業化権の取得および適切な事業パートナーを開拓することで、 両社共同によるバリューチェーンの構築を目指すものです。

 今後、 アクセルマークとアクセリードは医療診断の新技術の普及促進を通じて、 人々の健康寿命の向上に寄与することを目指して参ります。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000189.000021743.html

12 :山師さん:2021/09/25(土)09:01:10 ID:Fc3vrhAX.net

各位
2021 年 9 月8日
株式会社ウィズ・パートナーズ

ヘ○スケア NEW プラットフォーム・ファンド投資事業有限責任組合設立予定のお知らせ

株式会社ウィズ・パートナーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長 CEO:松村淳)は、ヘ○スケア NEW プラットフォーム・ファンド投資事業有限責任組合(以下「HNP ファンド」または「本組合」)(ファンドサイズ 500 億円目標)の運用を予定しています。HNP ファンドは、日本における初めてのヘ○スケア・プラットフォーム企業のアクセリー
ド株式会社や、福島県南相馬市に工場を建設し、日本唯一のメッセンジャーRNA 医薬品およびワクチンの原薬・製剤 CDMO 事業を展開する株式会社 ARCALIS など、ヘ○スケアの新しいプラットフォーム企業を中心に投資します。アクセリードを始めとしたこれらの投資先は、今後国内および、海外での IPO を目指し事業を成長させてまいります。HNP ファンドの投資先の概要については企業ホームページ(https://www.axcelead-hd.com/)、事業紹介ムービー(リンクはこちら)をご参照ください。

株式会社ウィズ・パートナーズについて
株式会社ウィズ・パートナーズは東京を拠点に、成長投資やグローバルマクロ投資などオ
ルタナティブアセットを主体とする独立系投資運用会社です。ヘ○スケア分野に加え、情
報技術・人工知能などテクノロジー分野にも精通し投資を実行しております。ウィズ・パ
ートナーズへのお問い合せについてはウィズ・パートナーズホームページ(http://www.whizp.com)をご参照ください。

*HNP ファンド設立後、本組合への投資をご検討にあたっては、本組合の諸条件に関し
て本組合の組合契約、契約締結前書面をよくお読みください。必要に応じて法務、税務、
会計等の専門家の意見を求めた上でご自身の判断で行うようお願い申し上げます。
http://www.whizp.com/wp-content/uploads/2021/09/HNPFLaunchPressRelease2021.9.8cleanv3.pdf

12 :山師さん:2021/09/24(金)15:11:39 ID:4ZGI+v01.net

アクセルマークとアクセリード、分子診断領域において製品の評価及び国内流通を共同で推進していくことに合意

アクセルマーク株式会社(本社:東京都中野区 代表者:松川 裕史 証券コード:3624 以下アクセルマーク)とアクセリード株式会社(本社:神奈川県藤沢市 代表者:藤澤 朋行 以下アクセリード)は、分子診断領域において製品の評価及び国内流通を共同推進することに合意しました。
https://prtimes.jp/i/21743/189/origin/d21743-189-981808-0.jpg

 アクセルマークでは2021年3月26日に開示いたしました「第 22 回新株予約権の取得及び消却並びに第 1 回無担保転換社債型新株予約権付社債に関する資金使途の変更に関するお知らせ」におきまして、 ヘ○スケア事業への新規参入を発表しており、 本リリースはヘ○スケア事業に関する発表となります。 アクセルマークのヘ○スケア事業参入については、 下記資料をご覧ください。

○補足説明資料(2021年3月26日発表)
https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS02626/59834c81/8587/4459/9a33/c4a07164fcd9/140120210326485155.pdf

 分子診断領域の市場規模はCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)検査のかつてない世界的な需要の高まりにより急速に拡大していますが、 COVID-19以外の感染症、 がん領域など他のセグメントも伸長しており、 2024年には120億ドル以上の売上に達すると予想※されています。

 分子診断とは、 組織や体液中に含まれるタンパク質や核酸(DNA、 RNA)などの分子を調べることによって感染症やがん、 遺伝子疾患を診断・スクリーニングするプロセスのことをいいます。 疾患の特定は、 医療現場のみならず民間企業、 在宅診断などでも疾患の早期発見、 早期治療等につながるものとして利活用が進みつつあり、 世界的にも新技術の開発が活発に行われている分野の1つです。

 従来の大手化学分析機器・試薬・科学サービス企業に加え、 スタートアップ企業においても分子診断の新技術開発が推進されており、 様々な特徴をもった検査キットが商品化され、 今後も新たな製品が市場に投入されることが見込まれます。

 本取り組みにおいては、 日本への商流を持たない海外ベンチャーの分子診断分野の有望な新規技術をアクセリードが技術評価し、 日本市場での成長が期待される技術・製品についてはアクセルマークが国内事業化権の取得および適切な事業パートナーを開拓することで、 両社共同によるバリューチェーンの構築を目指すものです。

 今後、 アクセルマークとアクセリードは医療診断の新技術の普及促進を通じて、 人々の健康寿命の向上に寄与することを目指して参ります。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000189.000021743.html

11 :山師さん:2021/09/24(金)15:11:30 ID:D4UTnaXQ.net

各位
2021 年 9 月8日
株式会社ウィズ・パートナーズ

ヘ○スケア NEW プラットフォーム・ファンド投資事業有限責任組合設立予定のお知らせ

株式会社ウィズ・パートナーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長 CEO:松村淳)は、ヘ○スケア NEW プラットフォーム・ファンド投資事業有限責任組合(以下「HNP ファンド」または「本組合」)(ファンドサイズ 500 億円目標)の運用を予定しています。HNP ファンドは、日本における初めてのヘ○スケア・プラットフォーム企業のアクセリー
ド株式会社や、福島県南相馬市に工場を建設し、日本唯一のメッセンジャーRNA 医薬品およびワクチンの原薬・製剤 CDMO 事業を展開する株式会社 ARCALIS など、ヘ○スケアの新しいプラットフォーム企業を中心に投資します。アクセリードを始めとしたこれらの投資先は、今後国内および、海外での IPO を目指し事業を成長させてまいります。HNP ファンドの投資先の概要については企業ホームページ(https://www.axcelead-hd.com/)、事業紹介ムービー(リンクはこちら)をご参照ください。

株式会社ウィズ・パートナーズについて
株式会社ウィズ・パートナーズは東京を拠点に、成長投資やグローバルマクロ投資などオ
ルタナティブアセットを主体とする独立系投資運用会社です。ヘ○スケア分野に加え、情
報技術・人工知能などテクノロジー分野にも精通し投資を実行しております。ウィズ・パ
ートナーズへのお問い合せについてはウィズ・パートナーズホームページ(http://www.whizp.com)をご参照ください。

*HNP ファンド設立後、本組合への投資をご検討にあたっては、本組合の諸条件に関し
て本組合の組合契約、契約締結前書面をよくお読みください。必要に応じて法務、税務、
会計等の専門家の意見を求めた上でご自身の判断で行うようお願い申し上げます。
http://www.whizp.com/wp-content/uploads/2021/09/HNPFLaunchPressRelease2021.9.8cleanv3.pdf

12 :山師さん:2021/09/24(金)15:08:56 ID:PdV6TYsr.net

アクセルマークとアクセリード、分子診断領域において製品の評価及び国内流通を共同で推進していくことに合意

アクセルマーク株式会社(本社:東京都中野区 代表者:松川 裕史 証券コード:3624 以下アクセルマーク)とアクセリード株式会社(本社:神奈川県藤沢市 代表者:藤澤 朋行 以下アクセリード)は、分子診断領域において製品の評価及び国内流通を共同推進することに合意しました。
https://prtimes.jp/i/21743/189/origin/d21743-189-981808-0.jpg

 アクセルマークでは2021年3月26日に開示いたしました「第 22 回新株予約権の取得及び消却並びに第 1 回無担保転換社債型新株予約権付社債に関する資金使途の変更に関するお知らせ」におきまして、 ヘ○スケア事業への新規参入を発表しており、 本リリースはヘ○スケア事業に関する発表となります。 アクセルマークのヘ○スケア事業参入については、 下記資料をご覧ください。

○補足説明資料(2021年3月26日発表)
https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS02626/59834c81/8587/4459/9a33/c4a07164fcd9/140120210326485155.pdf

 分子診断領域の市場規模はCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)検査のかつてない世界的な需要の高まりにより急速に拡大していますが、 COVID-19以外の感染症、 がん領域など他のセグメントも伸長しており、 2024年には120億ドル以上の売上に達すると予想※されています。

 分子診断とは、 組織や体液中に含まれるタンパク質や核酸(DNA、 RNA)などの分子を調べることによって感染症やがん、 遺伝子疾患を診断・スクリーニングするプロセスのことをいいます。 疾患の特定は、 医療現場のみならず民間企業、 在宅診断などでも疾患の早期発見、 早期治療等につながるものとして利活用が進みつつあり、 世界的にも新技術の開発が活発に行われている分野の1つです。

 従来の大手化学分析機器・試薬・科学サービス企業に加え、 スタートアップ企業においても分子診断の新技術開発が推進されており、 様々な特徴をもった検査キットが商品化され、 今後も新たな製品が市場に投入されることが見込まれます。

 本取り組みにおいては、 日本への商流を持たない海外ベンチャーの分子診断分野の有望な新規技術をアクセリードが技術評価し、 日本市場での成長が期待される技術・製品についてはアクセルマークが国内事業化権の取得および適切な事業パートナーを開拓することで、 両社共同によるバリューチェーンの構築を目指すものです。

 今後、 アクセルマークとアクセリードは医療診断の新技術の普及促進を通じて、 人々の健康寿命の向上に寄与することを目指して参ります。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000189.000021743.html

11 :山師さん:2021/09/24(金)15:08:46 ID:DQj7eL1n.net

各位
2021 年 9 月8日
株式会社ウィズ・パートナーズ

ヘ○スケア NEW プラットフォーム・ファンド投資事業有限責任組合設立予定のお知らせ

株式会社ウィズ・パートナーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長 CEO:松村淳)は、ヘ○スケア NEW プラットフォーム・ファンド投資事業有限責任組合(以下「HNP ファンド」または「本組合」)(ファンドサイズ 500 億円目標)の運用を予定しています。HNP ファンドは、日本における初めてのヘ○スケア・プラットフォーム企業のアクセリー
ド株式会社や、福島県南相馬市に工場を建設し、日本唯一のメッセンジャーRNA 医薬品およびワクチンの原薬・製剤 CDMO 事業を展開する株式会社 ARCALIS など、ヘ○スケアの新しいプラットフォーム企業を中心に投資します。アクセリードを始めとしたこれらの投資先は、今後国内および、海外での IPO を目指し事業を成長させてまいります。HNP ファンドの投資先の概要については企業ホームページ(https://www.axcelead-hd.com/)、事業紹介ムービー(リンクはこちら)をご参照ください。

株式会社ウィズ・パートナーズについて
株式会社ウィズ・パートナーズは東京を拠点に、成長投資やグローバルマクロ投資などオ
ルタナティブアセットを主体とする独立系投資運用会社です。ヘ○スケア分野に加え、情
報技術・人工知能などテクノロジー分野にも精通し投資を実行しております。ウィズ・パ
ートナーズへのお問い合せについてはウィズ・パートナーズホームページ(http://www.whizp.com)をご参照ください。

*HNP ファンド設立後、本組合への投資をご検討にあたっては、本組合の諸条件に関し
て本組合の組合契約、契約締結前書面をよくお読みください。必要に応じて法務、税務、
会計等の専門家の意見を求めた上でご自身の判断で行うようお願い申し上げます。
http://www.whizp.com/wp-content/uploads/2021/09/HNPFLaunchPressRelease2021.9.8cleanv3.pdf

814 :山師さん:2021/09/24(金)14:11:53 ID:9nUC4LQZ.net

んー?リード?

16 :山師さん:2021/09/24(金)14:10:40 ID:aGCkU09e.net

アクセルマークとアクセリード、分子診断領域において製品の評価及び国内流通を共同で推進していくことに合意

アクセルマーク株式会社(本社:東京都中野区 代表者:松川 裕史 証券コード:3624 以下アクセルマーク)とアクセリード株式会社(本社:神奈川県藤沢市 代表者:藤澤 朋行 以下アクセリード)は、分子診断領域において製品の評価及び国内流通を共同推進することに合意しました。
https://prtimes.jp/i/21743/189/origin/d21743-189-981808-0.jpg

 アクセルマークでは2021年3月26日に開示いたしました「第 22 回新株予約権の取得及び消却並びに第 1 回無担保転換社債型新株予約権付社債に関する資金使途の変更に関するお知らせ」におきまして、 ヘ○スケア事業への新規参入を発表しており、 本リリースはヘ○スケア事業に関する発表となります。 アクセルマークのヘ○スケア事業参入については、 下記資料をご覧ください。

○補足説明資料(2021年3月26日発表)
https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS02626/59834c81/8587/4459/9a33/c4a07164fcd9/140120210326485155.pdf

 分子診断領域の市場規模はCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)検査のかつてない世界的な需要の高まりにより急速に拡大していますが、 COVID-19以外の感染症、 がん領域など他のセグメントも伸長しており、 2024年には120億ドル以上の売上に達すると予想※されています。

 分子診断とは、 組織や体液中に含まれるタンパク質や核酸(DNA、 RNA)などの分子を調べることによって感染症やがん、 遺伝子疾患を診断・スクリーニングするプロセスのことをいいます。 疾患の特定は、 医療現場のみならず民間企業、 在宅診断などでも疾患の早期発見、 早期治療等につながるものとして利活用が進みつつあり、 世界的にも新技術の開発が活発に行われている分野の1つです。

 従来の大手化学分析機器・試薬・科学サービス企業に加え、 スタートアップ企業においても分子診断の新技術開発が推進されており、 様々な特徴をもった検査キットが商品化され、 今後も新たな製品が市場に投入されることが見込まれます。

 本取り組みにおいては、 日本への商流を持たない海外ベンチャーの分子診断分野の有望な新規技術をアクセリードが技術評価し、 日本市場での成長が期待される技術・製品についてはアクセルマークが国内事業化権の取得および適切な事業パートナーを開拓することで、 両社共同によるバリューチェーンの構築を目指すものです。

 今後、 アクセルマークとアクセリードは医療診断の新技術の普及促進を通じて、 人々の健康寿命の向上に寄与することを目指して参ります。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000189.000021743.html

15 :山師さん:2021/09/24(金)14:10:31 ID:o4BdMgX+.net

各位
2021 年 9 月8日
株式会社ウィズ・パートナーズ

ヘ○スケア NEW プラットフォーム・ファンド投資事業有限責任組合設立予定のお知らせ

株式会社ウィズ・パートナーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長 CEO:松村淳)は、ヘ○スケア NEW プラットフォーム・ファンド投資事業有限責任組合(以下「HNP ファンド」または「本組合」)(ファンドサイズ 500 億円目標)の運用を予定しています。HNP ファンドは、日本における初めてのヘ○スケア・プラットフォーム企業のアクセリー
ド株式会社や、福島県南相馬市に工場を建設し、日本唯一のメッセンジャーRNA 医薬品およびワクチンの原薬・製剤 CDMO 事業を展開する株式会社 ARCALIS など、ヘ○スケアの新しいプラットフォーム企業を中心に投資します。アクセリードを始めとしたこれらの投資先は、今後国内および、海外での IPO を目指し事業を成長させてまいります。HNP ファンドの投資先の概要については企業ホームページ(https://www.axcelead-hd.com/)、事業紹介ムービー(リンクはこちら)をご参照ください。

株式会社ウィズ・パートナーズについて
株式会社ウィズ・パートナーズは東京を拠点に、成長投資やグローバルマクロ投資などオ
ルタナティブアセットを主体とする独立系投資運用会社です。ヘ○スケア分野に加え、情
報技術・人工知能などテクノロジー分野にも精通し投資を実行しております。ウィズ・パ
ートナーズへのお問い合せについてはウィズ・パートナーズホームページ(http://www.whizp.com)をご参照ください。

*HNP ファンド設立後、本組合への投資をご検討にあたっては、本組合の諸条件に関し
て本組合の組合契約、契約締結前書面をよくお読みください。必要に応じて法務、税務、
会計等の専門家の意見を求めた上でご自身の判断で行うようお願い申し上げます。
http://www.whizp.com/wp-content/uploads/2021/09/HNPFLaunchPressRelease2021.9.8cleanv3.pdf

501 :山師さん:2021/09/24(金)13:46:19 ID:sfBho/b9.net

キャシー・リードおおおおお

13 :山師さん:2021/09/24(金)12:44:25 ID:lSfc8d3N.net

アクセルマークとアクセリード、分子診断領域において製品の評価及び国内流通を共同で推進していくことに合意

アクセルマーク株式会社(本社:東京都中野区 代表者:松川 裕史 証券コード:3624 以下アクセルマーク)とアクセリード株式会社(本社:神奈川県藤沢市 代表者:藤澤 朋行 以下アクセリード)は、分子診断領域において製品の評価及び国内流通を共同推進することに合意しました。
https://prtimes.jp/i/21743/189/origin/d21743-189-981808-0.jpg

 アクセルマークでは2021年3月26日に開示いたしました「第 22 回新株予約権の取得及び消却並びに第 1 回無担保転換社債型新株予約権付社債に関する資金使途の変更に関するお知らせ」におきまして、 ヘ○スケア事業への新規参入を発表しており、 本リリースはヘ○スケア事業に関する発表となります。 アクセルマークのヘ○スケア事業参入については、 下記資料をご覧ください。

○補足説明資料(2021年3月26日発表)
https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS02626/59834c81/8587/4459/9a33/c4a07164fcd9/140120210326485155.pdf

 分子診断領域の市場規模はCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)検査のかつてない世界的な需要の高まりにより急速に拡大していますが、 COVID-19以外の感染症、 がん領域など他のセグメントも伸長しており、 2024年には120億ドル以上の売上に達すると予想※されています。

 分子診断とは、 組織や体液中に含まれるタンパク質や核酸(DNA、 RNA)などの分子を調べることによって感染症やがん、 遺伝子疾患を診断・スクリーニングするプロセスのことをいいます。 疾患の特定は、 医療現場のみならず民間企業、 在宅診断などでも疾患の早期発見、 早期治療等につながるものとして利活用が進みつつあり、 世界的にも新技術の開発が活発に行われている分野の1つです。

 従来の大手化学分析機器・試薬・科学サービス企業に加え、 スタートアップ企業においても分子診断の新技術開発が推進されており、 様々な特徴をもった検査キットが商品化され、 今後も新たな製品が市場に投入されることが見込まれます。

 本取り組みにおいては、 日本への商流を持たない海外ベンチャーの分子診断分野の有望な新規技術をアクセリードが技術評価し、 日本市場での成長が期待される技術・製品についてはアクセルマークが国内事業化権の取得および適切な事業パートナーを開拓することで、 両社共同によるバリューチェーンの構築を目指すものです。

 今後、 アクセルマークとアクセリードは医療診断の新技術の普及促進を通じて、 人々の健康寿命の向上に寄与することを目指して参ります。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000189.000021743.html

12 :山師さん:2021/09/24(金)12:44:16 ID:7RolqzGU.net

各位
2021 年 9 月8日
株式会社ウィズ・パートナーズ

ヘ○スケア NEW プラットフォーム・ファンド投資事業有限責任組合設立予定のお知らせ

株式会社ウィズ・パートナーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長 CEO:松村淳)は、ヘ○スケア NEW プラットフォーム・ファンド投資事業有限責任組合(以下「HNP ファンド」または「本組合」)(ファンドサイズ 500 億円目標)の運用を予定しています。HNP ファンドは、日本における初めてのヘ○スケア・プラットフォーム企業のアクセリー
ド株式会社や、福島県南相馬市に工場を建設し、日本唯一のメッセンジャーRNA 医薬品およびワクチンの原薬・製剤 CDMO 事業を展開する株式会社 ARCALIS など、ヘ○スケアの新しいプラットフォーム企業を中心に投資します。アクセリードを始めとしたこれらの投資先は、今後国内および、海外での IPO を目指し事業を成長させてまいります。HNP ファンドの投資先の概要については企業ホームページ(https://www.axcelead-hd.com/)、事業紹介ムービー(リンクはこちら)をご参照ください。

株式会社ウィズ・パートナーズについて
株式会社ウィズ・パートナーズは東京を拠点に、成長投資やグローバルマクロ投資などオ
ルタナティブアセットを主体とする独立系投資運用会社です。ヘ○スケア分野に加え、情
報技術・人工知能などテクノロジー分野にも精通し投資を実行しております。ウィズ・パ
ートナーズへのお問い合せについてはウィズ・パートナーズホームページ(http://www.whizp.com)をご参照ください。

*HNP ファンド設立後、本組合への投資をご検討にあたっては、本組合の諸条件に関し
て本組合の組合契約、契約締結前書面をよくお読みください。必要に応じて法務、税務、
会計等の専門家の意見を求めた上でご自身の判断で行うようお願い申し上げます。
http://www.whizp.com/wp-content/uploads/2021/09/HNPFLaunchPressRelease2021.9.8cleanv3.pdf

626 :山師さん:2021/09/23(木)22:34:31 ID:aUNNfshS.net

アクセルマークとアクセリード、分子診断領域において製品の評価及び国内流通を共同で推進していくことに合意

アクセルマーク株式会社(本社:東京都中野区 代表者:松川 裕史 証券コード:3624 以下アクセルマーク)とアクセリード株式会社(本社:神奈川県藤沢市 代表者:藤澤 朋行 以下アクセリード)は、分子診断領域において製品の評価及び国内流通を共同推進することに合意しました。
https://prtimes.jp/i/21743/189/origin/d21743-189-981808-0.jpg

 アクセルマークでは2021年3月26日に開示いたしました「第 22 回新株予約権の取得及び消却並びに第 1 回無担保転換社債型新株予約権付社債に関する資金使途の変更に関するお知らせ」におきまして、 ヘ○スケア事業への新規参入を発表しており、 本リリースはヘ○スケア事業に関する発表となります。 アクセルマークのヘ○スケア事業参入については、 下記資料をご覧ください。

○補足説明資料(2021年3月26日発表)
https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS02626/59834c81/8587/4459/9a33/c4a07164fcd9/140120210326485155.pdf

 分子診断領域の市場規模はCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)検査のかつてない世界的な需要の高まりにより急速に拡大していますが、 COVID-19以外の感染症、 がん領域など他のセグメントも伸長しており、 2024年には120億ドル以上の売上に達すると予想※されています。

 分子診断とは、 組織や体液中に含まれるタンパク質や核酸(DNA、 RNA)などの分子を調べることによって感染症やがん、 遺伝子疾患を診断・スクリーニングするプロセスのことをいいます。 疾患の特定は、 医療現場のみならず民間企業、 在宅診断などでも疾患の早期発見、 早期治療等につながるものとして利活用が進みつつあり、 世界的にも新技術の開発が活発に行われている分野の1つです。

 従来の大手化学分析機器・試薬・科学サービス企業に加え、 スタートアップ企業においても分子診断の新技術開発が推進されており、 様々な特徴をもった検査キットが商品化され、 今後も新たな製品が市場に投入されることが見込まれます。

 本取り組みにおいては、 日本への商流を持たない海外ベンチャーの分子診断分野の有望な新規技術をアクセリードが技術評価し、 日本市場での成長が期待される技術・製品についてはアクセルマークが国内事業化権の取得および適切な事業パートナーを開拓することで、 両社共同によるバリューチェーンの構築を目指すものです。

 今後、 アクセルマークとアクセリードは医療診断の新技術の普及促進を通じて、 人々の健康寿命の向上に寄与することを目指して参ります。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000189.000021743.html

624 :山師さん:2021/09/23(木)22:34:21 ID:DqWCJu96.net

各位
2021 年 9 月8日
株式会社ウィズ・パートナーズ

ヘ○スケア NEW プラットフォーム・ファンド投資事業有限責任組合設立予定のお知らせ

株式会社ウィズ・パートナーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長 CEO:松村淳)は、ヘ○スケア NEW プラットフォーム・ファンド投資事業有限責任組合(以下「HNP ファンド」または「本組合」)(ファンドサイズ 500 億円目標)の運用を予定しています。HNP ファンドは、日本における初めてのヘ○スケア・プラットフォーム企業のアクセリー
ド株式会社や、福島県南相馬市に工場を建設し、日本唯一のメッセンジャーRNA 医薬品およびワクチンの原薬・製剤 CDMO 事業を展開する株式会社 ARCALIS など、ヘ○スケアの新しいプラットフォーム企業を中心に投資します。アクセリードを始めとしたこれらの投資先は、今後国内および、海外での IPO を目指し事業を成長させてまいります。HNP ファンドの投資先の概要については企業ホームページ(https://www.axcelead-hd.com/)、事業紹介ムービー(リンクはこちら)をご参照ください。

株式会社ウィズ・パートナーズについて
株式会社ウィズ・パートナーズは東京を拠点に、成長投資やグローバルマクロ投資などオ
ルタナティブアセットを主体とする独立系投資運用会社です。ヘ○スケア分野に加え、情
報技術・人工知能などテクノロジー分野にも精通し投資を実行しております。ウィズ・パ
ートナーズへのお問い合せについてはウィズ・パートナーズホームページ(http://www.whizp.com)をご参照ください。

*HNP ファンド設立後、本組合への投資をご検討にあたっては、本組合の諸条件に関し
て本組合の組合契約、契約締結前書面をよくお読みください。必要に応じて法務、税務、
会計等の専門家の意見を求めた上でご自身の判断で行うようお願い申し上げます。
http://www.whizp.com/wp-content/uploads/2021/09/HNPFLaunchPressRelease2021.9.8cleanv3.pdf

20 :山師さん:2021/09/23(木)00:26:31 ID:JNWFk2Xj.net

アクセルマークとアクセリード、分子診断領域において製品の評価及び国内流通を共同で推進していくことに合意

アクセルマーク株式会社(本社:東京都中野区 代表者:松川 裕史 証券コード:3624 以下アクセルマーク)とアクセリード株式会社(本社:神奈川県藤沢市 代表者:藤澤 朋行 以下アクセリード)は、分子診断領域において製品の評価及び国内流通を共同推進することに合意しました。
https://prtimes.jp/i/21743/189/origin/d21743-189-981808-0.jpg

 アクセルマークでは2021年3月26日に開示いたしました「第 22 回新株予約権の取得及び消却並びに第 1 回無担保転換社債型新株予約権付社債に関する資金使途の変更に関するお知らせ」におきまして、 ヘ○スケア事業への新規参入を発表しており、 本リリースはヘ○スケア事業に関する発表となります。 アクセルマークのヘ○スケア事業参入については、 下記資料をご覧ください。

○補足説明資料(2021年3月26日発表)
https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS02626/59834c81/8587/4459/9a33/c4a07164fcd9/140120210326485155.pdf

 分子診断領域の市場規模はCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)検査のかつてない世界的な需要の高まりにより急速に拡大していますが、 COVID-19以外の感染症、 がん領域など他のセグメントも伸長しており、 2024年には120億ドル以上の売上に達すると予想※されています。

 分子診断とは、 組織や体液中に含まれるタンパク質や核酸(DNA、 RNA)などの分子を調べることによって感染症やがん、 遺伝子疾患を診断・スクリーニングするプロセスのことをいいます。 疾患の特定は、 医療現場のみならず民間企業、 在宅診断などでも疾患の早期発見、 早期治療等につながるものとして利活用が進みつつあり、 世界的にも新技術の開発が活発に行われている分野の1つです。

 従来の大手化学分析機器・試薬・科学サービス企業に加え、 スタートアップ企業においても分子診断の新技術開発が推進されており、 様々な特徴をもった検査キットが商品化され、 今後も新たな製品が市場に投入されることが見込まれます。

 本取り組みにおいては、 日本への商流を持たない海外ベンチャーの分子診断分野の有望な新規技術をアクセリードが技術評価し、 日本市場での成長が期待される技術・製品についてはアクセルマークが国内事業化権の取得および適切な事業パートナーを開拓することで、 両社共同によるバリューチェーンの構築を目指すものです。

 今後、 アクセルマークとアクセリードは医療診断の新技術の普及促進を通じて、 人々の健康寿命の向上に寄与することを目指して参ります。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000189.000021743.html

Twitterの反応

関連する記事
Twitter プロフィール
おすすめサイト