トリケミカル研究所【4369】 今後に関する掲示板の投稿

最終更新:2022/11/25

掲示板の反応

2022/11/22(火) 15:34:00投稿者:損切りの達人

中国共産党は結党100周年、2049年までには
台湾帰還を宣言しています。
習近平は自らの在任中に歴史的成果を求めるでしょう。
欧米の圧力が高まれば高まるほど、
中国のプレゼンスにかけて、機をみて現実的に動くでしょう。それは、いつかは誰もわからない。
マーケットには、将来の有事の有無より、
リスク、不透明感が意味を持つ。
今後、台中関係が緊張していくことはあっても、
緩和することは100%ない。ネガティブなニュースが出ればここも振り回され、以前ほどのPERは期待できないかもしれない。
バフェットいわく、長期投資の銘柄選別に置いて、
将来の想定されるリスクは可能な限り排除しなければならない。その点で、零細個人投資家はトリケミカル研究所は対象から外れうるのかもしれない。
今回、バフェットが割安になったこのタイミングでTSMCを購入したのは、台湾リスクを天秤にかけても
投資妙味があったからでしょう。
有事は向こう10年は起こらないかもしれないし、起こるかもしれない。仮に起こったとしても、そこはチャンスで莫大な資金力で買い増しすればよい。
御存知のように日米欧は台湾リスクを緩和するために
TSMC依存からの脱却を図っています。
それが、トリケミカル研究所の将来性にどれほどの影響を及ぼすのかはわかりませんが、
戦略の変更は必ず必要になるでしょう。

関連する記事
Twitter プロフィール
おすすめサイト