「ほっともっと」直営190店舗を閉店へ プレナス: 日本経済新聞

弁当店「ほっともっと」などを運営するプレナスは9日、ほっともっとの直営190店舗を9月以降に閉店すると発表した。閉店に伴う原状回復費用などが響き、2020年2月期の連結純損益は8億3000万円の赤字となる。
今注目されている銘柄

「ほっともっと」直営190店舗を閉店へ プレナス: 日本経済新聞 のTwitterの反応まとめ

『人件費を含む運営コストの上昇の影響で、移管が見込めない直営店については』 「 :
好きな人は好きだけど、待ち時間が弁当を買うメリットをなくしているような。人手不足もあったんだろうけど… やよい軒と鍋食べ放題を海外に広めるのかなぁ…
なんで人件費が上がると赤字になるの? 値上げすりゃいいじゃん。みんな値上げを受け入れろよ。馬鹿じゃねぇの日本。 「 
なんで弁当代上げないのさ? 利用客も多少値段が上がっても、無くなるよりは良いと考えると思うけどな。 # #
アベノミクス効果ですね。 「 :
直営店→フランチャイズチェーン(FC)加盟店と移管進めている弁当店「」。移管が見込めない9月以降にします。2020年2月期の純損益は8.3億円の赤字見込みます。
コンビニだけでなく、他のお店も人件費の高騰で、ビジネスモデルの見直ししなければならない。 やはり、解決策はいろんな作業の自動化かな。 「 :
関連する記事
今話題のニュース
Twitter プロフィール
おすすめサイト