「世界のシマノ」ブランド築く 島野喜三氏死去: 日本経済新聞

3日に亡くなった島野喜三氏は30歳の若さでシマノ初の海外現地法人の社長に就任。欧米で自転車部品や釣り具の販路を開拓し、「世界のシマノ」のブランドを築いた。創業者である父、庄三郎氏や兄にものづくりを学び、自らは斬新なアイデアで需要を創造した。
今注目されている銘柄

「世界のシマノ」ブランド築く 島野喜三氏死去: 日本経済新聞 のTwitterの反応まとめ

 : 製品を信頼して愛用しております。 御冥福をお祈りいたします。
ご冥福をお祈りしちゃいますよ。私自身は釣りもしないし、チャリも安物にしか乗らないけど、製品の機構と製造法は感心してました。 -------- 「 
チャリのギアボックス、リールでお世話になってます! ご冥福をお祈り致しますm(_ _)m 「 :
「3日に亡くなったは30歳の若さで初の海外現地法人の社長に就任。欧米で自転車部品や釣り具の販路を開拓し、「を築いた。」 「 :
 : この人が海外展開をしていなければ釣り業界はここまで賑わっていなかったでしょうね。 お悔やみ申し上げます。
ご冥福をお祈りします
『98年には「本当の意味でチームにしたい」との思いから英語を社内の公用語にした。』楽天とかよりもずっとずっと早くに公用語を英語にしたんですよね / “「   :
」堺に本社があります…         合掌
お会いしたり、お話した事はありませんがという部品をグローバルスタンダード。 まで築いた。 今、日本でたくさんの自転車選手が活動出来るのはお陰です。 ゆっくり休んでください。。
 : 私が自転車に興味を持ち出したのは、50年近く前。 その頃はイタリアが本場。 今は、日本。 そのトップ企業。 合掌。
ご冥福をお祈りいたします。
「御社の製品は3万キロつかっても壊れないっすね」と従業員につたえたところ「そういう耐久性ってつたわりにくいんです」との答えが返ってきた。同社製品は地球の裏でも入手可能で助かった。|「 
に広めた方か。それはすごい。ご冥福をお祈りします。 「 
ご冥福をお祈りします。結果が凄い。かくありたい→ 70年に約23億円だった海外売上高は、会長就任前の2000年に約1082億円と40倍以上になった。19年12月期の連結売上高は約3600億円で海外が約9割を占める。/「 
関連する記事
今話題のニュース
Twitter プロフィール
おすすめサイト