インド洋貨物船座礁 商船三井 重油回収でチーム派遣: 日本経済新聞

商船三井は9日、都内で記者会見し、同社が手配した大型貨物船がインド洋の島国モーリシャス沖で座礁した問題で、船体から漏れた重油の回収や漂流の阻止へ専門チームを派遣する方針を明らかにした。座礁地点は野鳥の保護区となるなど環境への影響が懸念されている。
今注目されている銘柄

インド洋貨物船座礁 商船三井 重油回収でチーム派遣: 日本経済新聞 のTwitterの反応まとめ

賠償金いくらかな。株価への影響は。やっぱり謝罪したね。遅いわ。  :
わかしおの燃料油タンク(合計4000トン程度)のうち、1180トンの容量のタンクが破損した。油の抜き取り作業を続けていたが、50トン程度しかできなかったという。  
が傭船している事故により深刻な汚染が起こっています。 事故の補償は主に船舶保険の対象になるとは思いますが、業績にどの程度影響が出るのか注意が必要ですね。  
モーリシャスにしたら、国を支える重要な産業が大損害を受ける可能性があるわけで、だけに任せないで、日本政府が乗り出してもいいくらいの事故だと思う。/  
インド洋貨物船座礁 商船三井、重油回収でチーム派遣:日本経済新聞 > 商船三井は9日、都内で記者会見し、同社が手配した大型貨物船がインド洋の島国モーリシャス沖で座礁した問題で、船体から漏れた重油の回収や漂流の阻止へ専門チームを派遣する方針を明らかにした。
関連する記事
今話題のニュース
Twitter プロフィール
おすすめサイト