オリエンタルランド 猛暑ともう一つのハードル

 東京ディズニーリゾート(TDR)を運営するオリエンタルランドの株価が上場来高値圏で推移している。本来であれば閑散期に当たる2018年4~6月期に高水準の利益を計上し、19年3月期通期の業績上振れに対
今注目されている銘柄

オリエンタルランド 猛暑ともう一つのハードル のTwitterの反応まとめ

“オリエンタルランド、猛暑ともう一つのハードル  :日本経済新聞”
オリエンタルランド、猛暑ともう一つのハードル:日本経済新聞
閑散期の4-6月でこれかー!すごい。
さすが、オリエンタルランド。
さすが、TDL35周年の破壊力(ワイ生まれ年が同じ1983年)

>>>4~6月期はTDRへの入園者数が前年同期に比べ7~9%増加(実数は非公表)。連結売上高は10%、営業利益は19%増えた
オリエンタルランド、猛暑ともう一つのハードル: 日本経済新聞

大幅に値上げすべき。やすすぎるから人が多過ぎるだけ。もっとプレミアム感を出して、多少来客数落としても客単価を上げる方が効果が大きい。
コンセンサスが高すぎる気がする。7月8月は減速気味では?
酷暑の影響含め、12月まで通えば分かりそうだ
オリエンタルランド、猛暑ともう一つのハードル:日本経済新聞
繁忙期の客数は頭打ちになっていることになる。足元の集客状況を踏まえれば、会社計画達成の確度は相当に高いが、市場がのぞむのはそのはるか上の水準だ。
オリエンタルランド、猛暑ともう一つのハードル:日本経済新聞
関連する記事
今話題のニュース
Twitter プロフィール
おすすめサイト