コニカミノルタ 45年ぶり安値 浮上に欠かせぬ在庫改革: 日本経済新聞

コニカミノルタ株が45年ぶりの安値圏に沈んでいる。オフィス向け事務機の不振が主因で、昨年末比の下落率は競合のキヤノンやリコーより大きい。コロナ禍前からキャッシュを生み出す力が弱まっており、成長期待が高まらない。
今注目されている銘柄

コニカミノルタ 45年ぶり安値 浮上に欠かせぬ在庫改革: 日本経済新聞 のTwitterの反応まとめ

[] (会員限定)
「生産拠点を集約」するそうだけど、↓のどこが豊川集約されるんだろ?  
の在庫回転日数が上昇しているという記事 在庫回転日数が増えると資金繰りが悪化するので、結果として経営が苦しくなりやすい  
  「年度末は在庫回転日数を3カ月未満」。情報機器を管掌する大幸利充専務執行役は、海外の販売会社や生産部門のトップを交えたオンライン…
  「オフィス向け事務機の不振が主因で、昨年末比の下落率は競合のキヤノンやリコーより大きい。コロナ禍前からキャッシュを生み出す力が弱まっており、成長期待が高まらない。」 つらい
 
関連する記事
今話題のニュース
Twitter プロフィール
おすすめサイト