スマホゲーム 苦戦のコロプラ 巧者のガンホー

株式市場で、スマートフォン向けゲームの伸び悩みに不安が広がっている。6月21日には、コロプラで従業員が取引先に資金を渡してゲーム内で課金するよう求めていたことが発覚した。米グーグルが11月にクラウド
今注目されている銘柄

スマホゲーム 苦戦のコロプラ 巧者のガンホー のTwitterの反応まとめ

Reading: スマホゲーム 苦戦のコロプラ、巧者のガンホー  :日本経済新聞
中韓のゲームメーカーが開発力、スピードだけじゃなくコンテンツの質でも日本を上回っているのが現状です。有力IPを持っていない会社は、ニッチ層を狙っていかない限り相当苦しいと思います。 / スマホゲーム 苦戦のコロプラ、巧者のガンホー (日本経済新聞) #NewsPicks
スマホゲーム 苦戦のコロプラ、巧者のガンホー:日本経済新聞
「19年度の国内スマホゲームの市場規模は1兆1000億円になる見込み。前年度の推計に比べ4%増にとどまる。10年代の前半から伸びが続いたが「中韓勢を除くと、マイナス成長の可能性が出てきた」」 スマホゲーム 苦戦のコロプラ、巧者のガンホー: 日本経済新聞
“スマホゲームの主要5社(ディーエヌエ、ガンホー、ミクシィ、グリー、コロプラ)の時価総額は、28日終値で9600億円台と、13年5月に一時的に達した約2兆8000億円を大きく下回る。一方で今年3月末時点の5社の現預金は合計で約4700億円と、この5年で2倍強に膨らんだ。”

落ちたところから回復出来るかどうか?ここに来て「運営力」の差が出始めているのかも。
コロプラ、ガンホー、ミクシィ、グリー、DeNAのゲームアプリ大手5社。コロプラは苦戦状態ですが、ガンホーは立て直しの兆しが出てきました。ゲームアプリ市場の現況を記者の目で分析します。
関連する記事
今話題のニュース
Twitter プロフィール
おすすめサイト