ソフトバンクGバブル収縮へ 含み益経営 再び転機に: 日本経済新聞

孫正義会長兼社長が夢を膨らませ、財テク経営にまい進するのをバブルと呼ぶとしたら、ソフトバンクグループ(SBG)はIT(情報技術)バブル期以来、2度目の転機を迎えたのではないだろうか。
今注目されている銘柄

ソフトバンクGバブル収縮へ 含み益経営 再び転機に: 日本経済新聞 のTwitterの反応まとめ

株は売り気配でスタートした後、2・6%安で寄り付きました。その後はやや下げ幅を縮小しています。孫さんの目利き力を信じる投資家が多いのでしょうか。 ▼   :
きょう11月7日昼の日経電子版トップ()3本です。 ▶キャッシュレス人材特需 ▶  ▶「大化け株」ワークマンを見いだした男
についても、需要があれば書いてみても良いですが、今はあまり書く価値を感じないかな。  :
最近は政治も経済も「やってる感」だけですね。実体経済が大きくならないから含み益という仮想現実を膨張させる。政治も実質的なことができないから、憲法改正といった空虚なもの集中する。: 
> IT時の2000年2月1万1000円(株式分割考慮後)の高値を付けたSBG株は、02年11月は130円台下落し、いまは4000円台前半だ。  
日経Quickの記事。一部僕のコメントが引用されています。 今まで色々コメントしてきましたが、今の感想は以下。 /   () #NewsPicks
これ、一般ユーザーが所得税払ってない」事が知れ渡ることの予防注射なのではと邪推。  :
ユニコーン(企業価値10億ドル超の非上場企業)ブームの中、高値づかみの案件はウィー1社ではないはずだ。  
アリババよりこっちが心配っていうかね(´・ω・`)  
  私は、17兆円貸し付けているみずほ銀行が心配です。焦げ付いたら、とんでもないことなる。誰か孫氏企業価値の算定手法を教えてあげて下さい。
関連する記事
今話題のニュース
Twitter プロフィール
おすすめサイト