タイヤでデータ収集 ブリヂストン IoT企業への挑戦

タイヤ世界首位のブリヂストンが自動運転やカーシェアリングの普及をにらんだ経営にカジを切った。車の「保有」から「利用」へのシフトに伴い販売台数は頭打ちになるが、走行距離は増えるためタイヤ市場は拡大する
今注目されている銘柄

タイヤでデータ収集 ブリヂストン IoT企業への挑戦 のTwitterの反応まとめ

タイヤでデータ収集 ブリヂストン、IoT企業への挑戦:日本経済新聞
タイヤでデータ収集 ブリヂストン、IoT企業への挑戦
タイヤ世界首位のブリヂストンは自動運転やカーシェアリングの普及をにらみ、タイヤにセンサーを付けて走行状況を分析するデータビジネスに注力。車の販売台数は減っても走行距離は増えるため、タイヤ市場は拡大の見通し。
タイヤでデータ収集 ブリヂストン、IoT企業への挑戦:日本経済新聞
Bridgestone to strengthen digital business, collecting data from tires #BigData #IoT #mobility
タイヤでデータ収集 ブリヂストン、IoT企業への挑戦:日本経済新聞
カーシェアが普及すると、車の数は減るが、稼働率は上がり需要が増える。これはチャンス!でも、稼働率上昇は求められるタイヤの質を変える。メンテをするのも企業が多くなる。ビジネスモデルは変わりますね。

タイヤでデータ収集 ブリヂストン、IoT企業への挑戦
>自動運転やカーシェアリングの普及をにらんだ経営にカジを切った。車の「保有」から「利用」へのシフトに伴い販売台数は頭打ちになるが、走行距離は増えるためタイヤ市場は拡大する見通し。

タイヤでデータ収集 ブリヂストン、IoT企業への深謀  :日本経済新聞
「データサイエンティストと呼ぶデータ分析の専門家も社内で育てる。17年にデジタル化を進める専門組織を新設。19年にも100人規模にする計画」 RT @ タイヤでデータ収集 ブリヂストン、IoT企業への挑戦:日本経済新聞
「空気入りタイヤができて100年がたつ。」
スタッドレスなどあるものの、100年も空気入りタイヤは変わっていないんですね。

タイヤでデータ収集 ブリヂストン、IoT企業への挑戦  :日本経済新聞
各社IoT対応加速中。ウチも鋭意デジタル系ソリューション開発中。
関連する記事
今話題のニュース
Twitter プロフィール
おすすめサイト