ダイコー通産社長「五輪や5G需要獲得めざす」

ケーブルテレビや通信関連機材を扱う専門商社のダイコー通産が12日、東証2部に上場した。初値は公募・売り出し価格(公開価格、1540円)を12%上回る1732円、終値は1800円だった。同日に東京証券
今注目されている銘柄

ダイコー通産社長「五輪や5G需要獲得めざす」 のTwitterの反応まとめ

ダイコー通産社長「五輪や5G需要獲得めざす」:日本経済新聞
7673 ダイコー通産

2019年3月12日 18:32

ダイコー通産社長
「五輪や5G需要獲得めざす」

今後の成長戦略は

東京五輪や『5G』の基地局関連、高精細な4K放送などの普及に向けた光回線化といった需要が見込まれる

株主還元の方向性は

配当性向30%は最低限維持する

ダイコー通産社長「五輪や5G需要獲得めざす」
〜「配当性向30%は最低限維持する。現金もかなりあり、引き上げる余地があるかについても検討していく」

ダイコー通産社長「五輪や5G需要獲得めざす」:日本経済新聞
関連する記事
今話題のニュース
Twitter プロフィール
おすすめサイト