ペッパーが継続企業の前提に関する注記 新型コロナで売上減少: 日本経済新聞

ステーキ店「いきなり!ステーキ」を展開するペッパーフードサービスは25日、2019年12月期の有価証券報告書に、投資家に注意を促す「継続企業の前提に関する注記(ゴーイングコンサーン)」を記載すると発表した。
今注目されている銘柄

ペッパーが継続企業の前提に関する注記 新型コロナで売上減少: 日本経済新聞 のTwitterの反応まとめ

  20年12月期の業績予想を未定にすると発表していた。いきなり!ステーキは既存店売上高の減少が続いており、19年12月期の連結最終損益は27億円の赤字だった。12月時点の自己資本比率は2%にまで低下
うなだれた人形を想像したけど違った。 ていうか関係なく客が来なかったのでは??  :
いきなりステーキのペッパーフードサービスに疑義(会社に問題有り) 高値から十分の一以下の株価であり増資資金集めも困難。  
早かったね・・・
さんに記載。 あと99日。
さすがにこれは気の毒
関連する記事
今話題のニュース
Twitter プロフィール
おすすめサイト