メルカリに厳しい市場の目 見えぬフリマの次

フリーマーケット(フリマ)アプリを運営するメルカリに投資家の厳しい視線が注がれている。8日発表した2018年7~9月期の連結決算は最終損益が28億円の赤字。株価は低迷し、6月の上場時に7170億円だ
今注目されている銘柄

メルカリに厳しい市場の目 見えぬフリマの次 のTwitterの反応まとめ

メルカリに厳しい市場の目 見えぬフリマの次
目先の利益にとらわれすぎ
がんばれメルカリ〜
厳しくも熱い注目に感謝です。市場の期待に応えられるよう中の人間は全力を尽くすのみ。
メルカリに厳しい市場の目 見えぬフリマの次:日本経済新聞 株価は低迷し、6月の上場時に7170億円だった時価総額は4244億円にしぼんだ。先行投資する海外事業や金融事業の収益化の道筋を示す必要に迫られている。
8日発表した2018年7~9月期の連結決算は最終損益が28億円の赤字。株価は低迷し、6月の上場時に7170億円だった時価総額は4244億円にしぼんだ。
メルカリに厳しい市場の目 見えぬフリマの次:日本経済新聞
転売、詐欺など犯罪の巣であるだから。
投資してくって上場時にも言ってて、その通りやってるのに... → メルカリに厳しい市場の目 見えぬフリマの次: 日本経済新聞
関連する記事
今話題のニュース
Twitter プロフィール
おすすめサイト