ヤマダ電機 大塚家具買収で狙う人とモノ: 日本経済新聞

家電量販店最大手のヤマダ電機が6日15時に2019年4~12月期の連結決算を発表する。家電が伸び増益との見方が多い。通期増益の確度も高まるなか、市場の焦点は来期以降に移る。成長のカギは昨年12月に買収を決めた大塚家具だ。
今注目されている銘柄

ヤマダ電機 大塚家具買収で狙う人とモノ: 日本経済新聞 のTwitterの反応まとめ

総額の約44億円はヤマダの手元資金(578億円)の8%程度にすぎない。良い買い物。リスクよりリターンを狙えそう。
次の決算結果を出してくれないね。
× 記事に書かれている通り、家電家具の相性はありそう。 だけど、EC一括して購入はできるわけなので、両方揃っていることが強みだは考えにくい。 にとっては、リアル店舗の体験価値向上合わせて、ECチャネルへの投資ができるかが鍵。
ヒトブランドっていいは辞めちゃうので残るは負債だらけなのに それブランドはイメージが悪い企業に買われた時点毀損することがわかっているのかな 
理屈はよくわかります。でも、、どんながそういう買い方するのかイメージがわきません。。#メモ
関連する記事
今話題のニュース
Twitter プロフィール
おすすめサイト