伊藤忠のデサントTOB 14日に期限 なぜ対立?

伊藤忠商事によるデサントへのTOB(株式公開買い付け)が14日、期限を迎えます。デサント株の筆頭株主の伊藤忠は出資比率を最大4割に引き上げると発表すると、デサントは反対。日本では異例の大企業同士の敵
今注目されている銘柄

伊藤忠のデサントTOB 14日に期限 なぜ対立? のTwitterの反応まとめ

伊藤忠のデサントTOB、14日に期限 なぜ対立?: 日本経済新聞
伊藤忠のデサントTOB、14日に期限 なぜ対立?  :日本経済新聞
デサントのミット使ってたから思い入れあるけど、伊藤忠の言うこともごもっとも。ブランドビジネスにおいては売れるところでガンガン売る、という戦略は危険。(続く)
伊藤忠のデサントTOB、14日に期限 なぜ対立?:日本経済新聞
伊藤忠のデサントTOB、14日に期限 なぜ対立?:日本経済新聞
皆様おはようございます
#テリロジー #アンジェス
本日も宜しくお願い致します
伊藤忠のデサントTOB、14日に期限 なぜ対立?:日本経済新聞
伊藤忠のデサントTOB、14日に期限 なぜ対立?日本経済新聞

やはり人間関係は気持ちの擦り合わせを常に続けておかないと、すれ違い、崩れていくもの。

この一件には色々な学びもありますね。

#伊藤忠 #デサント #総合商社 #繊維 #アパレル #ブランドマーケティング
ブランド価値を毀損せずに向上させるためには、ある地点まではセールスを諦めてでも値引きせずにブランディングすべき、ってミキハウスで習った。笑
伊藤忠のデサントTOB、14日に期限 なぜ対立?:日本経済新聞
伊藤忠のデサントTOB、14日に期限 なぜ対立?:買い付け価格などを考えれば、TOBの成立は確実とみられます。
伊藤忠のデサントTOB、14日に期限 なぜ対立?:日本経済新聞
関連する記事
今話題のニュース
Twitter プロフィール
おすすめサイト