信越化学 半導体素材に300億円投資 生産能力2割増: 日本経済新聞

信越化学工業は半導体材料の生産能力を2割増強する。半導体生産に使う感光材(レジスト)の工場を2022年までに日本と台湾に新設する。投資額は合計300億円規模とみられる。
今注目されている銘柄

信越化学 半導体素材に300億円投資 生産能力2割増: 日本経済新聞 のTwitterの反応まとめ

渋谷の伝説ギャル、寿蘭が帰ってきた…!? !! ▼続きを読む bit.ly/34Xo7bM
  使う感光材(レジスト)の工場を2022年まで日本と台湾新設する。額は合計規模とみられる。
台湾中部の雲林県の工場と直江津工場新棟を建て、それぞれ21年2月ごろ、22年2月ごろの稼働を目指す。台湾では先端の「EUV(極端紫外線)」対応する感光材のも乗り出す。  
関連する記事
今話題のニュース
Twitter プロフィール
おすすめサイト