壁に直面するソフトバンクGファンド: 日本経済新聞

ソフトバンクグループの投資ファンド事業が成長の壁に直面している。1号ファンドのつまずきで新規投資にブレーキがかかり、投資先企業の上場計画も後退気味だ。投資して回収し、配当するファンド運営の循環が弱まっている。
今注目されている銘柄

壁に直面するソフトバンクGファンド: 日本経済新聞 のTwitterの反応まとめ

: じゃなくて崖だよね。 損正義転落死熱望w
まぁこれくらいは全然なんとかなるのでは
【新規公開株ニュース】壁に直面するソフトバンクGファンド - 日本経済新聞 /
十数兆円の有利子負債抱えて経営規模のみ拡大を図る孫氏の経営戦略は時間の問題で頓挫しますよ。【日経記事】
  : アダムニューマンのWeWork 内情を知った人曰く、「これはカルト」 戦略も何もなく奴隷のように働かせ欠席不可の会議は日曜vanityFair誌1月号 inside the spectacular collapse of WeWork, by Sherman)そんな会社に...
: 》昨年9月来、赤字続きの毎月
以前、孫さんこれまでの経営者人生で後悔はあるか聞くと、2000年のITバブル崩壊後投資をやめてしまったこと、と言っていました。それだけに10兆円2号の延期は苦渋の選択なのでしょう。ユニコーン逆風が吹く時こそチャンスと思っているはず。
「1号の総括が必要だ」との声が上がるグループの投資事業。WeWorkでの損失を受け、銀行など資金の出し手が慎重姿勢。孫正義氏は2号の規模をいったん縮小考えです。
高収益を約束された規制業の利益を短期の株突っ込み、投資家固定の高利を約束自転車操業だね。携帯会社の利益を携帯利用者も社員も分配しないのも素晴らしい。→
社長を辞めるのを止めた、と言ってからの孫さん。どうにもこうも我欲が止まらなくなっちゃったみたいね。潮目はいつ変わるのか(苦笑)。 ↓
壁に直面するソフトバンクGファンド:日本経済新聞 ・邦銀が貸せない規模の有利子負債 ・海外ではSoftbank=Fraudのイメージが定着 ・海外で多数の巨額訴訟 ・WeWorkの詐欺モデル隠蔽のために巨額ナンピン投資 ・サウジ王子にも見捨てられた ・OYOも詐欺&巨額訴訟 #softbank
の出資者やの株主還元資金をどう確保かが課題なってきた
ここはいつも自転車操業のイメージしかないw 他人のふんどしで常にその場しのぎ
2号は規模を縮小し、数ヶ月は自己資金で10社程度への新規投資を計画。これは1号の不調を認めたってことですよね。 配当で毎年2800億円が必要だし、投資回収が進まなければ元本を圧迫可能性もある。 :
が出資企業価値ベースで、中国は4割を占めているとされる。中国景気の減速で投資先企業の業績が悪化など、事業も打撃を受ける可能性がある」 / “  :
けさ2月13日の日経電子版トップ()3本です。 ▶ ▶モバイル見本市「MWC」、新型肺炎で中止 ▶バイデン氏失速が映す民主の苦悩、漂流「打倒トランプ」
グループの投資事業が成長の。1号のつまずきで新規投資ブレーキがかかり、投資先企業の上場計画も後退しかねない。運営の循環が弱まっている。の出資者やの株主還元資金をどう確保かが課題なってきた。
負債を生かすというのはカエサルのようですが最後まで同じならないといいなぁと。
Uber、Slack、OYO、wework、どれも出資時点では誰もが期待した銘柄のはず。それくらい外部環境の変化が早いということ。 :
「10兆円のうち、外部投資家が拠出4兆円については、毎年、元本の7%を優先的固定配当仕組みだ。単純計算で毎年2800億円の配当を出す必要」
関連する記事
今話題のニュース
Twitter プロフィール
おすすめサイト