変革期 まず優先順位を ソニー会長 平井一夫氏

学生や新社会人に話す機会をしばしばいただくが、強調するのはいつも同じだ。「3つのことを考えなければいけない」と言ってから「プライオリティー(優先順位)とプライオリティーとプライオリティー」と続ける。
今注目されている銘柄

変革期 まず優先順位を ソニー会長 平井一夫氏 のTwitterの反応まとめ

変革期 まず優先順位を ソニー会長 平井一夫氏
ホントそれ。

すべての希望をかなえることはできず、何が人生で大事なのか、順位をつけることが必要だ。
そう大切なのはプライオリティ。これさえ明確になっていれば自信を向かっていける。ワーママになってから気づいたこと。

変革期 まず優先順位を ソニー会長 平井一夫氏: 日本経済新聞
58歳にしては、スゴく肌ツヤがいいと思った。
1にも2にも3にも、プライオリティを決めることが重要...

変革期 まず優先順位を ソニー会長 平井一夫氏: 日本経済新聞
・「何のために存在しているのか」「何が大事な価値基準なのか」を表現して伝える
・人種や価値観が異なる人が一緒に仕事をするとき、基本理念を共有し進路を定める
・組織のリーダーが優先順位、判断、行動を示す

変革期 まず優先順位を ソニー会長 平井一夫氏
富める者も貧乏人も。
賢者も愚者も。
皆1日は24時間。

改めて気づかされる。

変革期 まず優先順位を ソニー会長 平井一夫氏: 日本経済新聞
優先順位が大切なようですね。ちなみに私の行動指針は「気合い、気合い、気合い」です。
「会社のあるべき姿が明確になれば優先順位がつけやすい」→優先順位がつけられず、あれもこれもとなる組織はリーダーがあるべき姿を明確にできてないんだろうな

>変革期 まず優先順位を ソニー会長 平井一夫氏: 日本経済新聞
変革期 まず優先順位を ソニー会長 平井一夫氏:日本経済新聞
この見出し、ほんと頭悪くて好き。ちなみに内容はすごい濃い話なんですけどね、一応。
この3つは大事だよね。

なんだか最後に筆者に『優先順位、判断、行動』の3つに、変換されちゃってるよーにも読めるけどもけども。
「流石です!!素晴らしい!!」中々辞められない社長たちが増える中で、社長だけではなく会長もあっさり辞めてしまう潔さ!!
ご自身がされてきた仕事に自信があり、後進育成も順調な証拠です。

via 学生や新社会人に... #NewsPicks
の課題を聞きました。「現在の決断が30年後に大きな影響」「問題は先送りしない方がいい」。元号をあまり意識しなさそうな印象ですが「平成元年に結婚し、平成最後に退任発表」という話も。#tech_NIKKEI

変革期 まず優先順位を ソニー会長 平井一夫氏:日本経済新聞
関連する記事
今話題のニュース
Twitter プロフィール
おすすめサイト