新型コロナ:コロナ10分で判定 キヤノン系 検査システム9月発売: 日本経済新聞

キヤノンメディカルシステムズは新型コロナウイルスの感染の有無を唾液などから短時間で検査できるシステムを9月に発売する。「ランプ法」と呼ばれる手法を使い、前処理した検体から約10分で陽性かどうか判定できる。
今注目されている銘柄

新型コロナ:コロナ10分で判定 キヤノン系 検査システム9月発売: 日本経済新聞 のTwitterの反応まとめ

ところで、このは、 旧型と、のウィルスの区別はできるの? そもそもCOVID19のウィルスって単離されてるんだっけ?  
キヤノンメディカルシステムズは の感染の有無をだ液などから短時間できるします。「ランプ法」と呼ばれる手法を使い、前処理した検体から約陽性かどうかできます。(
これか? アメリカの子供達が毎日無料やってるやつ。
今日はPCRの精度の話が話題にあがりましたが、情報はアップデートが大事だね♪ : :
試行錯誤も、真摯に取り組めば、国民は評価するのに…今の政権には、もはや期待することは、何もない…退陣以外は! : :
買ってみた
唾液だから痛くないし判別できるなら海外渡航の制限緩和にも一役買ってくれまいか。 何にせよ待ち遠しい ▼: :
おおっ!と思ったけど月100台程度の生産能力じゃなぁ…
プレシジョン・システム・サイエンス株式会社に続きキヤノンもウイルス感染測定器を出すのか機材が出回って数が増えると隠れ感染者があぶり出されて感染者数は激増するだろうな まだオリンピックやりたいみたいだから国内認可されんかもね
関連する記事
今話題のニュース
Twitter プロフィール
おすすめサイト