新型肺炎検査キット 企業が開発着手 実用化には時間: 日本経済新聞

中国を中心に新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が続くなか、世界各地で簡易な検査キットの開発が急ピッチで進んでいる。中国の研究機関や国立感染症研究所のほか、製薬世界大手のロシュ(スイス)やシンガポール企業、日本ではデンカなどが開発を表明した。
今注目されている銘柄

新型肺炎検査キット 企業が開発着手 実用化には時間: 日本経済新聞 のTwitterの反応まとめ

  簡易少なくとも数カ月かかるとされるなど課題も残る。
コロナしている一覧 ・ロシュ(スイス) ・ベレダスラボラトリーズ(シンガポール) ・デンカ生研 ・富士レビオ ・栄研化学  
  中国の研究機関や国立感染症研究所のほか、製薬世界大手のロシュ(スイス)やシンガポール、日本でデンカなどを表明した。感染の拡大を防ぐ迅速できる不可欠だ。
イムノクロマト法のまでかかる上検出感度PCRよりも低いし完成したころ流行終わってるっていうオチまでありそう→ 
 : と隔離施設 感染者の為の病院船の確保東京オリンピック開催必須
  中国を中心コロナウイルスによるの拡大続くなか、世界各地で簡易な急ピッチで進んでいる。 簡易少なくとも数カ月かかるとされるなど課題も残る。
  これ簡易 内容を読むと「世界各地で簡易な・・・」 簡易であれば5~10分(インフル場合) #簡易検査キット #
日本でコロナウイルスの何百万払っても出来ない!くそ!安倍許さない!みたいなこと言ってる人いるけど、 日本どころかまだ世界各国でしてる段階だから別に安倍さん悪いわけじゃないよ。笑  :
の用意整い次第…」だ、そのまでかかると。>「してから性能試験を経て承認を得るまで、年単位のかかること多い。」永い。> 
関連する記事
今話題のニュース
Twitter プロフィール
おすすめサイト