日立 グループ再編の最終局面に 日立化成売却で: 日本経済新聞

日立製作所が上場子会社の日立化成の売却を巡り、総合化学メーカーの昭和電工に買収の優先交渉権を与えることを決めた。日立の御三家の一角である日立化成の売却に道筋がみえてきたことで、日立のグループ再編は最終局面に入る。 「2021年度にどういう立ち位置に
今注目されている銘柄

日立 グループ再編の最終局面に 日立化成売却で: 日本経済新聞 のTwitterの反応まとめ

株価の高騰で、計画より大幅に遅れた化成の売却。昭和電工に優先交渉権を与えたにとって、次は日立金属やハイテクノロジーズなどの行方が焦点になります。
  次は金属とハイテクか。建機は組み立てのある製造業として手元に残して非上場化というのが妥当なシナリオなんじゃないか。
 : は売却はしてるけど、じゃあそれ面白い会社を買えてるかと言うとそうでもない。 でかいところは、かなり前ABBパワーグリッド事業ぐらい。 ここ数年、利益率は上がってるが売上は減らしてきている
NEC、富士通、パナ、サンヨー、ソニー、シャープ、東芝と来てですか。何処か買収と統合合戦が来て3社位統一されるんだろな。
東芝次は これ家電メーカー出揃ったな
日立、グループ再編の最終局面に 日立化成売却で:日本経済新聞
関連する記事
今話題のニュース
Twitter プロフィール
おすすめサイト