東京センチュリー 米航空機リースを子会社化 3200億円投資: 日本経済新聞

リース大手の東京センチュリーは9日、持ち分法適用会社の米航空機リース会社、アビエーションキャピタルグループ(ACG)を12月にも完全子会社化すると発表した。
今注目されている銘柄

東京センチュリー 米航空機リースを子会社化 3200億円投資: 日本経済新聞 のTwitterの反応まとめ

挑戦的であり、時代にマッチしています。 不毛な超低金利による国内融資より、海外です。 リスクはあるでしょうが、情報しっかり得られれば吉となることも。 日本人は圧倒的に海外での情報脆弱者です。
  中型機は需要が高く、欧アジアで広く使われている。長引く超低金利による銀行融資との競争で、国内のリース料率は低下傾向にある。は成長分野として海外や航空機への投資加速。
大きいリース会社は必ず拡大させる分野ですね。 /   () #NewsPicks
   リース大手のは、持ち分法適用会社の会社、アビエーションキャピタルグループ(ACG)12月にも完全する。ACGの親会社の ...
はアジアや新興国の旅客需要で長期的な成長が見込まれる。中でも中型機は需要が高く、欧アジアで広く使われている。」  
関連する記事
今話題のニュース
Twitter プロフィール
おすすめサイト