東証大引け 反発 任天堂急伸で個人強気に 週末で伸び悩み

19日の東京株式市場で日経平均株価は反発した。前日比110円44銭(0.50%)高の2万2200円56銭で終えた。米国の個人消費や企業決算の良好さを背景に買いが先行した。中国の広東省で主力家庭用ゲー
今注目されている銘柄

東証大引け 反発 任天堂急伸で個人強気に 週末で伸び悩み のTwitterの反応まとめ

本日の日経平均株価は、110円高の22200円の反発となりました。
中国の広東省で主力家庭用ゲーム機の販売が承認され任天堂株に買いが集まり、相場を支えました。
ちなみに本日は、米国市場休場です。
【任天堂ニュース】東証大引け 反発、任天堂急伸で個人強気に 週末で伸び悩み - 日本経済新聞 /
東証大引け 反発、任天堂急伸で個人強気に 週末で伸び悩み  ㏲の日経平均株価は110円44銭高の2万2200円56銭。㏲は聖金曜日の祝日で香港やロンドン、米株式市場が休みとなる。取引に参加する海外投資家は少なく、動意が乏しくなった。売買代金2兆208億円、売買高9億2898万株
本日の日経平均は再び反発しました。
市況は相当に好調ですね。
日経平均がここまで上昇を続けるというのも珍しいです
しかし、心配は無用です。
日本の市場は今までが異常だっただけで、現在のように経済が成長していくことが、本来の姿なのです
●東証大引け概況

東1売買代金は概算で2兆208億円。売買高は9億2898万株。東証1部の値上がり銘柄数は1147、値下がりは899、変わらずは95。

デンソーや東エレク、ファストリが上昇。スクリンや日精工、ZOZOの上げが目立った。ヤマトHDが大幅安。LIXILグや大和ハウスも下げた
日経平均反発、任天堂急伸で個人強気に 週末で伸び悩み
東証大引け 反発、任天堂急伸で個人強気に 週末で伸び悩み:日本経済新聞
#日経平均 前日比110円44銭高の2万2200円56銭ですか。
19日の日経平均は反発。終値は110円高の2万2200円。前日の米国株反発を好感して買い先行で始まったが、上値では利益確定売りも出て伸び悩んだ。もっとも、イースター休暇で海外勢の取引参加者が少なく、手控えムードが強かった。売買代金は2兆208億円。
東証大引け 反発、任天堂急伸で個人強気に 週末で伸び悩み:日本経済新聞
日経平均は週足で3連騰を記録
週足Fストキャスは高値圏の90付近でデッドクロスを確定
週足Sストキャスは%D線と%SD線は高値圏の80超を確定
東証大引け 反発、任天堂急伸で個人強気に 週末で伸び悩み
関連する記事
今話題のニュース
Twitter プロフィール
おすすめサイト