東電 再生エネ余剰時に割安供給 夜間電力より安く

東京電力ホールディングス(HD)は太陽光発電など再生可能エネルギーの発電量が余る時に、売電先の工場に対し割安に電気を供給する仕組みを導入した。まずAGC(旧旭硝子)など3社と契約し、電力余剰時に素材
今注目されている銘柄

東電 再生エネ余剰時に割安供給 夜間電力より安く のTwitterの反応まとめ

東電、再生エネ余剰時に割安供給 夜間電力より安く:日本経済新聞 電力の需給バランスが崩れると大停電が起きる可能性がある。出力を抑えずに需要を引き上げる手法で、再生エネの有効活用につなげる。太陽光の発電量が多い昼間に夜間電力より安くなるように
凄いね。時代だね。これまでの犠牲者の方々。安らかに眠れ。

「東電、再生エネ余剰時に割安供給 夜間電力より安く」
東電、再生エネ余剰時に割安供給 夜間電力より安く:日本経済新聞 "東京電力ホールディングス(HD)は太陽光発電など再生可能エネルギーの発電量が余る時に、売電先の工場に対し実質的に割安に電気を供給する仕組みを導入した。" 原発に頼らずこっちに頭を使ってほしいわ。
“東電、再生エネ余剰時に割安供給 夜間電力より安く  :日本経済新聞:九電は原発や太陽光などの電力供給が余剰となり、再生エネ事業者に出力制御を要請した” 電力会社は余った電力でマイニングして電力調整すればいいのに。
ビジネスとして上げDRで稼いだほうが、昼間帯値下げより都合がいいんだろうなあ! / 東電、再生エネ余剰時に割安供給 夜間電力より安く (日本経済新聞) #NewsPicks
はい、東電さん早かった。
余剰を捨てて消費者負担を減らすよりもFITに頼って東電が儲かりさえすればいいんです。
太陽光の発電量が多い昼間に夜間電力より安く供給し、生産計画の前倒しなどで電気を多く使ってもらう仕組み。東京電力がAGC(旧旭硝子)など3社と始めた再生可能エネルギー活用の新手法です。#日経イブニングスクープ
東電、再生エネ余剰時に割安供給夜間電力より安く
現在の再エネ電力の買取り価格と販売価格が分からないけど、ひょっとして買取りより販売が安くなる可能性がある?まあ再エネ賦課金は一般消費者の負担だから東電の懐は傷まないしな…蓄電設備の需要が高まるかもしれないな…
東電、再生エネ余剰時に割安供給 夜間電力より安く
東電、再生エネ余剰時に割安供給 夜間電力より安く(日経・11月16日) 太陽光の発電量が多い昼間に夜間電力より安く供給し電気を多く使ってもらう。AGCなど計3社と契約。増産に応じてくれた企業に報奨金が支払われ実質的に割引された電気料金で素材を増産できる
「東京電力ホールディングス(HD)は太陽光発電など再生可能エネルギーの発電量が余る時に、売電先の工場に対し実質的に割安に電気を供給する仕組みを導入した。」

…再エネも価格競争。シェアを奪われるのか。

:東電、再生エネ余剰時に割安供給 夜間電力より安く
TEPCO to introduce a scheme to sell excessive electricity from renewable energies at cheaper price #RenewableEnergy
東電、再生エネ余剰時に割安供給 夜間電力より安く:日本経済新聞
東電、再生エネ余剰時に割安供給 夜間電力より安く: 日本経済新聞
→九電は出力制御対策を講じているとは言うが、東電のようにこう言った使い道は検討しているのだろうか?
東電、再生エネ余剰時に割安供給 夜間電力より安く: 日本経済新聞 普通はこう考えるよね。原発再稼働のために受電拒否とか九州電力おかしい。
関連する記事
今話題のニュース
Twitter プロフィール
おすすめサイト