武田 巨額買収に潜むワナ

武田薬品工業によるアイルランドの製薬大手シャイアーの買収が5日、両社の臨時株主総会でそれぞれ承認された。日本の製薬会社で初めて売上高で世界のトップ10入りする企業が誕生する。世界の製薬業界では周回遅
今注目されている銘柄

武田 巨額買収に潜むワナ のTwitterの反応まとめ

そんなん買収決める前に書いたらいいのにね。

#武田薬品工業
#シャイアー
#買収
武田薬品によるシャイアーの買収。世界の製薬業界では周回遅れともいえる大型再編だが、過去の巨額買収はその後の成長につながらないケースが多い。
グローバル競争のスタートラインに立つ武田にとって、創薬力の再生が成否のカギを握る。
武田は買収したシャイアーが収益を稼ぐ間に、新薬の研究開発力をてこ入れ。両社の研究開発機能を融合し、抗がん剤などの開発の中心をバイオテクで技術革新が相次ぐ米国に。M&Aで巨大化しても新薬を生み出せないファイザーモデルの罠を避けるため、自前の創薬力の再生が急務。
低分子中心の時代のM&Aとは様相が異なると思う。ファイザーモデルと単純比較はできない。

武田、巨額買収に潜むワナ:日本経済新聞
武田、巨額買収に潜むワナ:日経 製造会社の「買収で生き残る」なんてのは、所詮「技術音痴の文系がトップに立つ、技術者と技術力無視の経営ゴッコ」。特に「ゴーンの失敗」を教訓にする青目は、高額報償をシャブリ尽くした挙げ句に、ボロが出る前に日本をトンズラする?!
武田が巨額買収に動く理由は2つある。第1に「稼ぐ力」を取り戻す狙いだ。
シャイアーの17年12月期の純利益は約4700億円と武田の18年3月期実績の2.5倍の水準の高収益企業だ。
武田は買収したシャイアーが収益を稼ぐ間に、新薬を生み出す研究開発力をてこ入れする。
「外国人を中心に現在、従業員の8割は海外で働く。シャイアー買収でその比率は9割になる」完全なるグローバル企業だ / 武田、巨額買収に潜むワナ:日本経済新聞
割高を理由とする反対はこれを見る限りは違ってそう。『「EV/EBITDA倍率」は11倍程度。過去の製薬業界のM&Aは13~14倍が多いとされる』
武田、巨額買収に潜むワナ
「ファイザーモデル」成果乏しく 創薬力再生、成否占う
関連する記事
今話題のニュース
Twitter プロフィール
おすすめサイト