花王 成長おむつに訪れた試練

花王の業績拡大が鈍っている。4日に発表予定の2018年12月期連結決算は、営業利益が3%増の2100億円程度と会社予想(2150億円)に届かなかったもよう。営業利益の計画が未達となれば、東日本大震災
今注目されている銘柄

花王 成長おむつに訪れた試練 のTwitterの反応まとめ

ここ1年で急速に品質デザインが良くなったのは、ユニチャームのマミーポコパンツだと思います。値段も最安。保育園へ持参されるオムツの8割がマミーポコの印象。王子のゲンキも良いですね。メリーズ派は確実に減少してます。

花王、成長おむつに訪れた試練: 日本経済新聞
(承前^5)新興国の消費者などは、「夫婦円満」ということを重視して日本製の紙おむつを選択している、ということは意外と知られていない。 #花王 #紙おむつ #メリーズ
(´・ω・)何年も前から漬けてるシリーズの1つ、花王の決算。
まぁまぁ良かったんじゃあないでしょうか。
新しい洗剤の開発に期待しているのでそのまま漬けます。
知る人ぞ知るネタですが花王は石油製品でも活躍してるから強い。
花王、成長おむつに訪れた試練:日本経済新聞
●花王の誤算が中国の転売ヤーとはねw

16年にお世話になった銘柄です♪

誤算の背景がこれまで牽引役となってきた中国消費向けの苦戦。とくに中国の「電子商取引法」の影響が大きい。国外で商品を買付け中国に持ち帰って転売する代理購買業者の行動パターンが変わったのだ。
うちはパンパース→Amazon PB商品と変えた。どこのメーカーがつくってるんだろうね。
オムツが売れない理由から色々と見えてくるものがあります。
関連する記事
今話題のニュース
Twitter プロフィール
おすすめサイト