認知症 遠い新薬開発

アルツハイマー型認知症の新薬実現がまた一歩遠のいた。エーザイは21日、新薬候補「アデュカヌマブ」の国際臨床試験(治験)を中止すると発表した。アルツハイマー型認知症は発症のメカニズムに未解明な部分が多
今注目されている銘柄

認知症 遠い新薬開発 のTwitterの反応まとめ

「アルツハイマー病の最大の希望と考えていた。大きなネガティブサプライズだ」との声も。エーザイの新薬候補「アデュカヌマブ」治験中止に、投資家には失望感が広がりました。
Aβを標的とする治療戦略がポシャったこと自体は、既に2018年に他の製薬企業で開発中止が相次いでいるため科学的には大して新しいニュースではない。Aβ関連のパイプラインを他にも持っているエーザイは今後どうなるんだろう。。。ファンドも危なくて手を付けられないのでは。
今日の日経で適界探し 認知症、遠い新薬開発:日本経済新聞 企業
【認知症ニュース】認知症、遠い新薬 エーザイが1製品の開発を中止 - 日本経済新聞 /
認知症、遠い新薬開発 エーザイ株17%安、1候補中止で :日本経済新聞 -
野村はエーザイの目標株価を1万7000円から6000円に下げ。

.・アルツハイマーは発病のメカニズムが解明されていないため治療薬の開発が難航。

・認知症は血圧などと異なり数値化が困難で、薬の効果判定が難しい。

・治験で薬の有効性を合理的に示す方法が確立していない。
認知症、遠い新薬開発:日本経済新聞

AD治療薬の登場は介護費などの削減にもつながるので、切に望まれる…
"米アルツハイマー病協会によると50年時点で発症を5年遅らせることができれば米国の患者数は4割減り、介護などの費用は3670億ドル(約40兆円)減らせる"
「野村証券はエーザイの投資判断を3段階で最上位の「バイ(買い)」から最下位の「リデュース(売り)」に引き下げ、目標株価も1万7000円から6000円に大幅に下げた」、既報の件 RT @ 認知症、遠い新薬 エーザイが1製品の開発を中止:日本経済新聞
認知症、遠い新薬開発:日本経済新聞
エーザイでも三本の開発ラインのうち1本は主要評価項目で結果出ず…
リリーも失敗しているし認知症領域はまじで開発のハードル高いんだな。同じCNSでもうつの薬より大変。
このアンメットメディカルニーズ突破できる組織ってあるんかいな…生半可じゃ無理
「薬の効果判定が難しいことも開発をさらに難しくしている」というかだからこそ売れていたやつもあるのでは / 認知症、遠い新薬 エーザイが1製品の開発を中止:日本経済新聞
認知症、遠い新薬開発 エーザイ株17%安、1候補中止で:日本経済新聞  7番目の段落でようやく、本題の「開発失敗」に言及したできの悪い記事。なぜ失敗か、そこもほとんど分かっていなさそう。記者はもっと勉強しましょう。
アルツハイマー型認知症の新薬実現がまた一歩遠のいた。エーザイは21日、新薬候補「アデュカヌマブ」の国際臨床試験を中止すると発表。アルツハイマー型認知症は発症のメカニズムに未解明な部分が多く新薬開発は難しい。米ファイザーなど製薬大手もこれまで相次ぎ失敗している
認知症、遠い新薬 エーザイが1製品の開発を中止:日本経済新聞
売買はとやかく
器質原理は10年以上にわたって言われながら
痴呆の致命症状は、人の間、社会生活での関係配慮気遣い失われたは、回復できない。お薬は無力でしょ?
関連する記事
今話題のニュース
Twitter プロフィール
おすすめサイト