郵政株下落続く 復興財源の目安割る 政府売却不透明

かんぽ生命保険の不適切販売の問題で、親会社の日本郵政株の下落が続いている。19日は一時前日に比べ10円(0.9%)安い1101円まで下げ、連日で上場来安値を更新した。政府が郵政株の売却で復興財源を確
今注目されている銘柄

郵政株下落続く 復興財源の目安割る 政府売却不透明 のTwitterの反応まとめ

郵政株下落続く、復興財源の目安割る 政府売却不透明:日本経済新聞 目安となる1130円台も割り込んだ。郵政株は復興財源確保のために2022年度までに売却しないといけない。「この秋を逃せば次はいつになるかわからない」との指摘もある。
ここでやったら、お上主導のお客様不本意営業になるのわかってるのかな?
郵政株下落続く、復興財源の目安割る 政府売却不透明:日本経済新聞


なんでこんなに組織も社員もくずなんやろ…
想定外のかんぽ不祥事絡みで日本郵政も連れ安して困ったことになってますね。こうなると他の政府保有株を売るという選択肢も・・・でも郵政株の想定売却額1.2兆円だから厳しいか。
1130円台に無理やり上げてくると仮定して、打診するか、大陽線待つか、

郵政株下落続く、復興財源の目安割る 政府売却不透明:日本経済新聞
郵政株下落続く、復興財源の目安割る 政府売却不透明
政府は4月、郵政株の持ち分を57%から郵政民営化法が定める下限の「3分の1超」に下げると発表した
郵政株を早く手放して良かった。じゃなかった!
東北の復興財源も確保出来なくなるのか。ヤバイな。
郵政株下落続く、復興財源の目安割る 政府売却不透明:日本経済新聞
関連する記事
今話題のニュース
Twitter プロフィール
おすすめサイト