HOYA 東芝子会社に敵対的TOB 最大1477億円: 日本経済新聞

HOYAは13日、東芝子会社のニューフレアテクノロジーのTOB(株式公開買い付け)を実施すると発表した。最大1477億円を投じて全株の取得を目指す。ニューフレアを巡っては東芝も完全子会社化を目指して株式の買い増し手続きを進めている。
今注目されている銘柄

HOYA 東芝子会社に敵対的TOB 最大1477億円: 日本経済新聞 のTwitterの反応まとめ

  () #NewsPicks
大和証券が公開買付代理人、時代も大きく変わりましたね 殿は結構厳しいカルチャーの会社という印象で個人的は意外感は無い 外資系IBDが各国で蓄積したノウハウを日本向け応用して活かせる時代が遂に来たか  
はブランクス屋ではもの足りずマスク屋も目指すわな。 天下のINTELが採用の理由だけで、気が付くと50keVはニューフレアの一強。JEOLは撤退? 今のパターン密度、OPCだと何十時間描画?  :
日本を代表する規模の会社のガチ対決なりますね。ここまで来るとしたらリーガル面での体制も万全なんでしょうが、コンフリの嵐なような気はします。  
またもやですね。今までの暗黙のルールが次々と破られていく。こういうのが日本市場をより効率的なもの変えてくれると感じています。ちなみに、今日たまたまこの案件関わっていた弁護士さんと食事する機会があり、軽くドヤ顔をされました。笑
   : ・南青山不動産(村上ファンド)がニューフレアを大量保有してる ・の鈴木洋CEOは村上世彰『生涯投資家』も登場してる関係性
うーん、どうかな、、、
の存在知らなかった
PENTAXの二の舞
ヤマダ電機と大塚家具の第三者割当増資(新株発行)に対して、は既存の株式を勝手買うので敵対的買収なんですね。 親子上場解消の動きが進むのでの株を買って高く売ろうと考える人増えてますね!  
嫌がらせ以上の意味があるのだろうか? よく分からない。 / “   :
これのTOBに対する対抗的TOBだったんだね。対抗的TOBって昔は教科書載ってるだけだっだけど今では現実珍しく無くなって隔世の感やある  :
ほう。→「は…回路を描画する装置を手掛けるニューフレアを取り込むことで半導体関連の事業を強化したい考え」「も完全化を目指して株式の買い増しを進めている」 #ビジネス 《ニュース》 
- は13日、のニューフレアテクノロジーのTOB(株式公開買い付け)を実施すると発表した。を投じて全株の取得を目指す。ニューフレアを巡ってはも完全化を目指して…
   の買い付け価格は1株当たり1万2900円。が12月25日を期限実施している買い付け価格より1000円高く設定した。による完全化が成立しなかった場合、20年4月のTOB開始を目指す
関連する記事
今話題のニュース
Twitter プロフィール
おすすめサイト