NEC なるか「ブルーチップ」復帰

構造改革に苦しんできたNECが「ブルーチップ(優良株)」への復帰を視野に入れつつある。2020年3月期の営業利益は5期ぶりに1000億円の大台を回復する見通しで、昨秋からの株価上昇で時価総額も1兆円
今注目されている銘柄

NEC なるか「ブルーチップ」復帰 のTwitterの反応まとめ

NEC「ブルーチップ」復帰なるか:日本経済新聞
NEC「ブルーチップ」復帰なるか:日本経済新聞
リストラで不採算の「ものづくり」を手放したNECは、今やシステム中心の企業→ここに気づくまで何年かかったんだろう?
NEC「ブルーチップ」復帰なるか:日本経済新聞
NEC なるか「ブルーチップ」復帰
2019/5/24 5:30
NEC なるか「ブルーチップ」復帰
ほう。NECに復活の兆し?
“NECは世界で3本の指に入る海底ケーブルや、世界トップの顔認証技術、宇宙開発機器などの成長分野で高い技術力を持つ。現状は国内向け中心の事業。グローバル展開できるストーリーが見えてくれば、株式市場の評価が…成長企業へと変わる可能性はある”
NEC なるか「ブルーチップ」復帰  :日本経済新聞
NEC なるか「ブルーチップ」復帰:日本経済新聞
NECは長いトンネルから抜け出た感じしますよね。パソコンとか折りたたみ型のガラケーとかコンシューマ向けでもイケイケだった時代の後に、冬眠。そして再び5G銘柄としても取り上げられてますからね

Nec なるか「ブルーチップ」復帰
毎年毎年、「来年の営業利益予想は黒字○億円」と新聞社に書かせることを20年以上やってるよな。もう秋田。 NEC なるか「ブルーチップ」復帰:日本経済新聞
NEC なるか「ブルーチップ」復帰:日本経済新聞
NEC、時価総額1兆円台を回復  優良株復帰への道
NEC なるか「ブルーチップ」復帰 証券部 丸山大介
お。
NECが記事になっとる。

2020年3月期の営業利益が5期ぶりに1000億円の大台を回復する見通しのNEC。リストラに次ぐリストラのトンネルを抜け、株価も2019年秋から上昇傾向にあります。
NEC、なるか「ブルーチップ」復帰
NECの業績・株価が堅調に推移しているということです。

NECの生体認証はアメリカ政府主催のベンチマークで、世界トップを守っています。

フィンテック面ではマネーロンダリング等の不正対策(eKYC)や、手ぶら決済等への適用が期待されます。 #NewsPicks
[日本経済新聞]
NEC なるか「ブルーチップ」復帰
(会員限定)
この地合いでも高値圏推移。確かに顔認証システムなどはこれからが本番ですね。

NEC なるか「ブルーチップ」復帰:日本経済新聞
関連する記事
今話題のニュース
Twitter プロフィール
おすすめサイト